2006年8月11日 (金)

お世話になりました☆

今日でバイトが最後でした。


結局、9ヶ月くらいここで働いてたんだな~。

当時のマネージャーが帰国を決意して

変わりに私を入れてくれた。


何でもそうだけど、でも、やっぱりこういう仕事は、チームワークがとても大切。

このお店は、ホントにいいチームだった。

このチームから抜けるのが惜しくて、

後ろ髪を引かれまくっていたけど


でも、やっぱり私は今が帰るべき時なのかもしれない。


私が始めてお店に入った日に

キラキラした笑顔で迎えてくれた、

アシスタントマネージャーが

急に、他の店舗のマネージャーになる事になった。


私の中でとても大きな存在で

彼女の昇進は嬉しいことだけど、

私がショップに残っていたら、やっぱりすごくショックだっただろうな。

その他も、結構人が動きそうなので、

ずっと一緒に働けた、このメンバーに送ってもらえる今が

私にとっては最高の時期だったのかもしれない。


家は家で、

私が出て行く4日後に、大家さんが引越す。

申し合わせたわけでもなく、

たまたま、同時に移動することになった。

一緒に動くなんてタイミングが良すぎ。


身近で同じ時間を過ごしていた人が、

たまたま同時に新しい動きをする。


常に同じ状況が続く事は無いってことか・・・。


ここで「一期一会」という言葉の意味を深く感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

送別会

今日は、バイトの送別会でした。

誰のって・・・。

Liccaのですヾ(TωT。)


Liccaママたちが来てたホリデー中に、

みんながこっそり準備を進めてくれてたの。


送るのには慣れてるけど、送られるのは苦手。

誰の送別会か、自分でも良く分かってない。


忙しいのに、お店のメンバー全員と

前のマネージャーまで来てくれてて、

それだけで感動でした。


そして、Liccaに手渡されたプレゼントは・・・


みんなのメッセージと

小さな写真が9枚入る、大きな写真タテに

スタッフ全員の写真が入ってました(涙涙)

 

一番最後に入って、

一番英語も使えなくて、

いつも誰かに助けてもらってるのに


本当に本当に、Liccaはシアワセ者でした。


OL時代もだったけど、

職場で良い仲間に出会えるって

本当に「Lucky」としか言いようがない気がする。


あ~、これから先が恐ろしい・・・。

もう、運を使い果たしちゃったかも。。。


学校だけでは得られない事を

ホントにたくさん経験させてもらって、

良いスタッフと働かせてもらえて


ありがとうございます!


それ以上に、日本語でさえ言葉が出ない。


本当に、ありがとうございます。


早めの送別会なので、残ってるシフトはあと6日。


「もう日本人とは働きたくない」


ではなく、みんなにも


「あ~、日本人なら一緒に働けるかな」


って、思ってもらえると嬉しいので

最後まで、頑張ってきます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

小さなお客さん

お店の常連さんに、小さなお客さんがいる。


2歳くらい。

まだ殆どしゃべれないみたい。


いつもお父さんと手を繋いでやってきて

配っている試飲のお茶を飲んでいく。


「ハイ、どうぞ(o^-^o) 」

って渡してあげると

ものすっごい真剣な顔で、

じーーーっ(o・_・o)

っと、私を見つめて

お地蔵さんのように固まる。


お父さんが

「ありがとうって言った?」

って言うと、

顔は真剣なままで、スカートを握りしめて

握るから、スカートが引っ張り上がって

パンツが見えてるんだけど

そのまま固まる。
(あ、きっとそれがお礼だ!笑)


いつも同じパターンなの(o^-^o)


その真剣な姿が本当に愛らしくて、

その子が来てくれるのがすっごい楽しみ♪


お父さんは、いつも彼女のペースに合わせて

お店の入口とかで、その子がお店から出てくるまで

の~んびり待ってる。

時折チラチラ見ながらね。


そして、いつも

「ありがとう♪」って、こっちをチラッと見て

その子と手を繋いで歩いて行く。


それを見てると、

いつもシアワセ~な気分になる☆


もうすぐ父の日

うちのお店も父の日グッズを売っているけど

正直、母の日ほどの売れ行きではナイ気がする。


でも、その子はきっと大きくなっても

必ず父の日のプレゼントを探すだろうな~って

なんだか思っちゃうのです。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

日本からのお客さん

お店に日本人のお客さんがどーっと来た。

学校の研修旅行らしい。


Liccaが日本人だと分かると


「あ~!!日本人だ~!」


そんなん、珍しくありませんがな( ̄Θ ̄;)


日本人の女の子達が来ると

なんだか恥ずかしくなるのはなんでだろ・・・。

 
①化粧が薄い
→いつも通り

②髪の毛がテキトー
→伸びてきたからねー。

③履いていた靴下が服と全く合ってなかった
→1日中気になってた。かなり。


みんなコギレイでね~。

隠れたくなっちゃうわ。


卒業後ロンドン留学を考えてると言う子がいて、ビザの事とか色々聞きかれたので、教えてあげていた。


「日本で働いて、辞めてから来る人も多いよ~。

学生ビザだとバイトしかできないけど、
みんなそうやって頑張ってるの。

就労ビザは、簡単に取れないしね。


日本で人事関係とかやってて、

こっちでバイト生活してる人とか、いるよ~。」


「え゛っ!そうなんですか~Σ(゚д゚;) !!」


そんなに驚かなくたって。


いるじゃん・・・


アナタの目の前に。。。( ̄Θ ̄;)


そりゃー、華の留学生活を送ってる人もいるけどね

自分で稼いだお金で来てる人は、大抵

こうやって「出稼ぎ」しながらなんとかやってるのです。


留学=バラ色

よりも、むしろ

留学=シビアな現実

こちらの方がしっくり。


ともあれ、

その子は英会話教室の安くていいトコを探していたので、Liccaの行ってた所を教えてあげて。

喜んで帰ってくれました☆


20歳前後だろうなぁ。

ちゃんと目標持ってるっていいね~。

ガンバレ~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

笑顔力

Kings Roadにあるお店にヘルプに行きました。

この会社の発祥地、チェルシーです。


どういう所かと言いますと・・・

女性の好きそうな、おしゃれなお店が

広くない道の両側を挟んで、ずーーっと並んでて、中々ハイソな通り。

女性同士のウィンドーショッピングに、

と~ってもナイスでございます( ̄∀ ̄*)


そう、そこに行きました。


クリスマスの時期にも一度手伝いに行ったので

マネージャーが覚えててくれました☆


何も分からなかったあの時とは違って、

動けるようになった自分がいて、ちょっと嬉しい☆


今日は、新しいスタッフがいました。


彼女は、前までビラ配りのバイトをしてたんだって。


「前はこの通りで、ビラ配りやってたの。

いつもやってたから、この通りで働いてる人と顔見知りになって。

よく「元気~?今日はどう~(o^-^o) ?」って話したりしてたの。


で、ここのマネージャーとも話すようになったんだけど。

ある時、ここのマネージャーに


「どうしてあなたは、ビラ配り程度の事を、

そんなにいつも笑顔でできるの?

みんなもらってくれないし、嫌にならない?」


って言われたの。


私はね、いつも父親に


「どんな仕事でも、喜びをもってやりなさい。

それが、掃除の仕事でも、ビラ配りであっても。」


って言われてたから。


で、ある日、またいつものようにビラ配りしてたら、

私の所にマネージャーがやって来て


「私と一緒に働かない?」


って言ってくれて。

で、その2日後には、ここで働かせてもらえるようになったんだ(o^-^o) 」


・・・すごい!!


運も、もちろんあったんだろうけど。
 


笑顔の力。

笑顔で仕事ができる力。

それって、やっぱりその人の中からしか出てこない。

楽しみながらやってる人には、人を惹きつける力があるんだろうな。


やっぱり仕事は

「何をやるか」も大事だけれど、


「どうやるか」がもっと大切なんだなぁ。


今日も、また1つお勉強させて頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

☆ニュース☆

Liccaの情報が正しければ、

今日、日本で開店したお店が1つある。


その名も


『Whittard of Chelsea』


ズバリ!


Liccaが働いている紅茶やさんです。


イギリスで1886年に創業され、紅茶の老舗の1つです。


そのお店が、日本にお店を出す事になったらしい。


しかも、日本第1号店は・・・


ズバリ!


福岡 イムズの中Σ(・o・;) !!


なんだかしら、これって一体・・・。


近すぎる・・・。とっても身近すぎる・・・。


と、言うわけで、福岡在住のそこのあなた!


今度イムズに行った時に、偵察してきてちょ(o^-^o) ♪


日本のがどんなことになってるのか、知りたくって。

では、ぜひぜひ感想送ってね~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

チョコ曜日

今日は火曜日。

バイト中にひとつ気づいた。


今日はなぜかチョコレートを買う人が多い。


Jちゃんにそれを言ったら


Jちゃん「今日って何曜日だっけ?」


今日は、火曜日だよー


Jちゃん「ん~・・・。


週末に、パブでビール飲むでしょ。


月曜は、二日酔いと仕事始めでげっそりするから


火曜日あたりから、チョコ食べたくなるんだよ~。」


Jちゃんは、冗談っぽく笑ってるけど、Liccaは納得


(o・。・o) ほぅ~☆


そう言えば、英国人はチョコ好きだったね。

週末にただ休んでるだけなのかも?!


Jちゃんに一票。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

紅茶やさんです

ご存知の通り、紅茶やさんで働いてるLicca。

あるお客さんがやって来た。


「ポーランド人の子、いる?」


スタッフの1人はポーランド人だけれど、
彼女は今、ホリデー中。

そのことを伝えると、ちょっと困っている模様。

どうやら、何か用件があったらしい。


「ポーランド」とか「スウェーデン」とか言ってたので、

スウェーデン人のマネージャーに対応してもらう。


しばらくしてお客さんが帰り、対応が終わった

マネージャーが苦笑しながら近づいてくる。


「なんで紅茶ショップにビザの話を聞きに来るの?

それは大使館でしょ~、大使館!」( ̄▽ ̄;)


ここの店は国籍を問わず人を採用しているので、

お客さんはそれを知ってて、尋ねに来たみたい。


ビザの事、詳しい人に会えるかも?って( ̄▽ ̄;)


ちなみに、Liccaにも話し掛けたそのお客さん


「ここには、中国人の子もいるのね(o^-^o) 」


・・・(ToT)またかい!


何度も言うけど、ここは紅茶やさん。


スタッフ一同、紅茶とコーヒー以外の

専門知識には自信がございません。


ビザにつきましては、直接大使館へ

お問い合せくださいませ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

戦争と平和

週末だけバイトに入るスタッフがいる。

M。

今まであまり顔を合わせる機会がなかったけど、
今日は彼女と2人だった。

とてもしっかりしてるので、お互い彼女の方が年上かと思ってたら、実は年下。

そんな話から盛り上がって、楽しくコミュニケーションを取っていた。


ふと、思い立って

「Mはどこの出身なの?」と聞いた。


そう言えば、彼女の出身地も知らなかった。


「バーマだよ」


・・・バーマ?


「え?バーマ知らないの?

日本人なのに?」


・・・日本人なのに??


「ミャンマーとも言うよ」


あ、ビルマの事か。


でも、「日本人なのに?」って

・・・どういう意味?


きょとんとしてる私に、Mは言った。


「日本は第二次世界大戦時に、ミャンマーに植民地を作った時、とてもひどい行為をしたんだよ。

レイプしたり、殺害したり。

だから、今でも年配の人で、日本人をキライな人は多いんだ。」


はっとした・・・。


さっきまで、楽しく話してたのが、急に恥ずかしくなった。


次の言葉が見つからなかった・・・。


「・・・ごめん・・・。」

とっさにそれしか出なかった。


教科書には載らない事実。


知らないことが罪になると思い知った。


「・・・ごめん。

ひどすぎるよね・・・。

それに知らないなんて、もっとひどいよね・・・。

本当に罪の意識を感じる・・・。

・・・ごめん。」


私の空気が一気に変わったのが分かったMは、


「今は日本人はとても優しいけどね。


それが戦争だよ・・・。


戦争って、そういうものだよね。」

と、笑ってくれた。


一緒に働いているスタッフは、みんな国籍が違う。

私にも、父母、祖父母、曾祖父母、と、日本人として生きてきた家族の歴史があるように

それぞれみんなが色んな歴史を背景に持ち、

その民族同士が、これまで色んな係わり方をして来たんだろう。


殺し、殺されという場面さえも。


この職場で接点を持ち、

国籍を超えて共に仕事をさせてもらえる「現在」に

本当に感謝しないといけないと思った。


歴史教科書問題や靖国参拝が度々ニュースに取り上げられている今日、

きっと、知らないといけない事実が、もっとたくさんあるんだろう。。。


彼女が、笑って一緒に働いてくれる事に

心から感謝した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

セール前日

昨日からイースターです。

キリストが磔にされたグッドフライデーから、イースターマンデーまでの4日間。

バイト先でも、イースターグッズを扱っているので、今週はとても忙しい週でした。


しかし、明日からは打って変わってイースターセールの開始。


元々今日は休みだったけど、

セール準備に人手が足りないお店へ行くことに。


夕方お店を閉めた後、準備開始。


そこのお店には「ヘルプ」で来た私


なのに、人手は私とそこのサブマネージャーだけ。

どうもここのマネージャーは、結構勝手な人らしく

自分だけ必ず週末に休みを取り、

絶対大変なのが分かってるセール前日にも

平気で休みを取ってしまうらしい。

そして人が足りないと、他のとこから借りてくる。

それが、今回は私だったわけ。


サブマネージャーは、いつも真面目に黙々仕事をしているので、

おそらくマネージャーは、それに甘んじて全部彼女に任せてしまうんだろう。


ってなワケで、とにかくサブマネージャーと2人で

バタバタ準備をするけれど、人手が足りないので

時間がかかる。


「Liccaは21時で帰って良いからね。

私はどっちみち、0時まではかかるわ・・・」


この状況でそう言われて

さっさと帰れる日本人が一体何人いるだろう。


結局終わったのは23時。

少しなりとも早く終わった。


人間って、甘えれる人にはどこまでも甘えるんだろうか。

その人がいつか壊れて初めて気づくんだろうか。


サブマネージャーの時限爆弾のスイッチが見えた気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧