2006年8月 2日 (水)

今日は「テンプル」探検だ♪

あの「ダ・ヴィンチ・コード」に出てきた
テンプルです。

1545435_img

友達と会って、テンプルに向かってる途中

面白そうなものがあったので、ちょっくら入ってみました。


「王立裁判所」

1545428_img


自由に入れちゃう所がスゴイ。

なんか、冷やかしみたいだけど(・・・違うか?)

観光客も結構いたので、ホっ。


しかし、すっごい大きいし、建築が見事!

1545429_img


でね、でね、

アレ見たよ~♪(o^v^o)♪

海外の法廷ドラマとかで出てくる、アレ♪


法廷で、白いカールの「ヅラ」被ってる人( ̄∀ ̄*)


真剣な顔で歩いてた~ε=(>ε<)プッ!
(あ、失礼、笑う所じゃなかった・・・。)


れっきとした正装なんだよね~・・・。


写真撮りたかったけど、

「写真×」だったので、諦めました。

こっそり撮ったのがばれて、

そのまま、その場で裁かれちゃかなわんし(?!)


ホントに、巨大な裁判所で

部屋は、1000部屋以上!

廊下の総全長は5.6キロ!


そして、地下には、社員用のジムまである・・・。

すごーー(; ̄Д ̄)


それからテンプル騎士団の眠る、テンプル・チャーチへ

1545433_img

でも、中が見れず。

本日のメインですが、ま、すぐ移動。


そのまま、今度は「英英辞典」を始めて編纂した

ジョンソン博士の家を見学しに行きました。

近くに、彼が通っていたパブがあるとのことで、

そのパブへ♪

1545441_img

300年の歴史があるので、とってもおごそか。

1545445_img

静かだし、暖炉もあるし、すっごい趣があるいいパブでした。


このパブ、観光客はあまり来そうにないけど

実は、Liccaの持ってるガイドブックの情報。

何気にこのガイドブック、いい情報が多い。

特に、ちょこっと書いてある「コネタ」が面白い。

ロンドン―オックスフォード、ケンブリッジ、ストラトフォード・アポン・エイヴォン、バース、コッツウォルズ

↑ちょっと違うけど、このシリーズです。

「ワールドガイド」って言う、JTBが出してるガイドブック。

説明も比較的詳しいし、

海外旅行に行く時は、オススメです♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

ハンプトン・コート・パレス

Mちゃんとハンプトン・コート・パレスへ行って来た。

1535380_img


大自然を活かしているキュー・ガーデンズに対し

こちらは、権力を握った人の手に渡ってきたパレスなので

整備された美しい「英国庭園」だった。

1535370_img


Liccaは全く前知識がなくて、Mちゃんの滞在先の人が

すごくオススメしてくれてるので、と言う事で行ってみたけど、


期待以上に、これは一見の価値ありでした。


ハンプトン・コート・パレスは

ヘンリー8世やウィリアム3世などの、

歴代王が使用してきたところ。


ところで、このヘンリー8世。


歴代王きってのインテリだったらしいけど

6人もの妻を持ち、正妻の侍女に手を出しておきながら

怒った正妻を、逆に姦通罪で殺してしまうとか、

もろもろの恐ろしいお話がある。

さらに、その殺された正妻、アン・ブリ―ンと

ヘンリー8世の娘が、あのエリザベス女王だというのも、

また、興味深い事実。


Liccaの中で、これまで彼は、

「女好き+奥さん処刑してる=悪い人だ!」

という、方程式が出来上がってたけど


このパレスの中で、彼の背景や生活、

その時代の宗教や政治、

色んな側面がちょっと見えて、

なんだか人間的な一面も見えた気がした。


当時って、政治や宗教、世継ぎ問題とかが絡んで

すっごい世界だったんだろうね( ̄Θ ̄;)


パレスの中は、謁見室から、執事室、バスルームやキッチンなど

公的なもの~私的なものまで見れて、

ガーデンじゃなく、宮殿としてだけでも

とても面白い所だった。

1535374_img

そうそう、こういう生活の場が見たかった!


窓の外は、頭に描いていた「英国庭園」

1535361_img

この庭園の中には、木で作られた

1535351_img

「メイズ(迷路)」もあり、ますますイメージ通り☆


あ~、もうちょっと早く来てたらLiccaママたち来れたのになぁ。。。惜しい・・・。


幽霊が出るで、有名な場所だけど、

ここは、「Liccaオススメの場所」の

かなり上位にランクインしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ロンドン市内観光⑥

【ミイラ見てから、お買い物♪】


1535310_img
大英博物館
 
 ↓

ハイ・ストリート・ケンジントン

…………………………………………………………


今日は、朝いちからチューブで動く予定だったけど

安いトラベルカードが9:30~売り出すみたいだったので

それなら、せっかくだし、

近くの大英博物館に行っとく┌|∵|┘?


とりあえず、メインの

1535308_img_1

「ロゼッタストーン」


なにかあるにつけて、来てるので

そろそろ読めちゃうんじゃないかって勢い( ̄Θ ̄;)


え~、続きまして

1535311_img_1

「ミイラちゃん」


他にもたくさん見るべきところはあるんだけど、

こんなんじっくり見てたら1日あっても足りないので、次。


帰る日って、飛行機の時間が遅くても

意外と時間がないもので、

ハイストリート・ケンジントンで

バタバタとお買い物を済ませ、空港へ。


いや~、長いようで、あっという間!

まだまだ、もっと見せたい所があったんだけど

キリがないもんねぇ。

ってなわけで、Liccaママたちは、無事にすべての旅行日程を終えて、帰国しました。、

ハードだけど、楽しかった☆

次回は、万歩計持参で。


そして、Liccaは・・・、

その足で、今度は昨日、東ヨーロッパ旅行から戻ってきた、Mちゃんと合流☆

送って、迎えて、大慌てC= C= ┌(;・ω・)┘


すごく楽しんで帰ってきてたので良かった☆

MちゃんもLiccaもげっそり疲れてたので、

パブに寄って、一杯飲んで帰りました☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ロンドン市内観光⑤

【Liccaのオススメ攻め】


コートールド・ギャラリー

  ↓

1525294_img
リージェンツ・パーク

  ↓

 
 
1525297_img
パブでイギリス料理

  ↓
 
 
 
1262601_img_1
ミュージカル「ビリー・エリオット」

 
 
 
 
………………………………………………………………………

歩きまくりの毎日なので、起きるのが辛い。

そう、この辛さは、まるで体育会系の合宿の朝のよう。


そんな、疲れもピークに達した今朝。

今夜のミュージカル「ビリー・エリオット」の

チケットを取りに走りました。


劇場には、当日の11時からのみ、売り出すチケットがある。


最前列と、その後ろの席☆


安い上に、迫力満点☆

席で受ける印象が、また変わってくるので

絶対に良い席を取りたいLicca。


これを取らない手はナイ(* ̄ー ̄)キラリ☆


実は、金曜日の朝にも挑戦したんだけど

11時ちょっと過ぎに着いたら、既にチケットが残ってなかった。

あまりにも早すぎるので、何時から発売したのか聞くと


「今日は人がいなかったから、10:30から売り出したの」


ヽ(`⌒´)ノ!ムキ~っ!

10:30なら10:30て言え~!!


と、言う事で、今回は10:30にリベンジ。


しっかし、また、なんともバスが動かないし、

乗り継ぎのバスも全然来ない!


また間に合わないんじゃ( ̄□ ̄;)!!


で、結局

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


朝から、ウェストミンスター寺院の前を

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


ビッグベンを背にして

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


そして、なんとか念願の席をゲットし☆


ようやく観光スタート♪


まずは、Liccaの一押しギャラリー

コートールド・ギャラリー

サマセットハウスの中にある、比較的小さなギャラリー。

小さいと言っても、コレクションは超ビック。

ゴッホやゴーギャン、モネ・マネ・ルノアール

セザンヌ、ドガ、ルーベンス等々

超ビックで有名な絵画ばかり。

かなり見応えがあります。

絵画好きの人には、絶対お勧め☆


その後、ベイカーストリートで

シャーロックホームズの銅像に挨拶してから

リージェンツ・パークへ

宮廷建築家、ジョン・ナッシュ指揮により整備された公園で、花と緑のバランスがステキ☆

1242487_img

池のほとりの木陰に座ってお昼ご飯♪


それから、オクスフォード・ストリートで買い物をした後、


劇場の隣のパブで、今日は英国料理に挑戦。

見た目よりも味が良く、2人とも満足してくれたみたい☆


そして、最後の夜は

Liccaの一押しミュージカル!


Billy Elliot [Original Cast Recording]

「ビリー・エリオット」


ロンドン来たなら、悪いこと言わないから

ぜひコレを観て帰って☆ヾ(TωT。)


今まで観てきたミュージカルの中でも

Licca的には、やっぱりこれが最高!


脚本も良いし、演出がまたスバラシイ!

通常のバレエだけでなく、

タップもモダンもアクロバットも

なんでも入ってて、リズミカルで迫力満点!


「リトル・ダンサー」の映画を見たとき、

号泣し、あまりに感極まって

イスから立ち上がれなかったという

エルトン・ジョンが音楽を担当。


脚本と演出はリー・ホール

そして、監督はスティーブン・ダルドリー


笑いと涙と、様々な感情が巧みに混ざって

また、その表現がすごい!

とにかくブリリアント!!


2006年オリビエ賞(英国舞台版アカデミー賞)の

「最優秀新作ミュージカル作品賞」を受賞していて

最優秀主演男優賞、最優秀音響効果賞、最優秀振付賞を受賞したほか

主演女優賞や、演出賞等、殆どの部門において

ノミネートされてるのです。


2人には、映画で予習して来てもらったので

ストーリーの展開は大丈夫だったみたい。


すっごい良い席で、

ビリー役もはまり役の男の子で


Liccaは、もう(*´∇`*)

ハート☆ハート

あ~スキスキ☆大好き☆


日本に帰ったら

このミュージカルのためだけにでも

○万円払って、ロンドンに来たいわ。。。


楽しめるか心配してた2人も

めちゃめちゃ楽しんでくれたようで

「もう1回観たい!」って出てくるくらい☆


良かった(o^-^o) ☆


帰国したら「ビリー」と離れちゃうのが、

なんとも辛いわヾ(TωT。)

既に、3回も観ちゃったけど

帰るまでに、また観とかないと(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ロンドン市内観光④

【遠出するならココ!夜はオペラ♪】


1525273_img
ラ イ (Rye)

  ↓

 

1404067_img
ロイヤル・オペラ・ハウス

 
 

 
………………………………………………………………………

今日は遠出です。

遠出はいくつか候補があったけど

自然が残っていて、静かな所

との、リクエストにより、ライに決定☆

日帰り旅行で、ライはLiccaの一押しの場所。

ロンドンからは2時間30分くらいかかるけど

昔からの佇まいがそのまま残っているし

なにより、観光地化されていない所がステキ☆

1494931_img


電車に揺られてライへ。

イギリスの、のどかな風景が見れるので、

電車の移動もまた楽しい♪


天気が崩れそうだったけど、ライに着いたら、

きれいな青空☆

1525270_img

今日は、どっかの民族ダンスをしてました。


のんびりしたひと時を過ごし、

再び電車に揺られて、チャリング・クロスへ戻り


「マイ・フェアレディー」の舞台になった

コヴェント・ガーデンを急いで通り過ぎて

ロイヤル・オペラ・ハウスへ。


ロイヤル・バレエとロイヤル・オペラの本拠地です。


今夜は、ここで「サマー・コンサート」♪


大家さんから

通常すごく高いロイヤル・オペラのコンサートが、

このサマーコンサートならすごく安く手に入るよ、

と、教えてもらい

何をやるのか良く分かんなかったけど

とりあえず、前々から購入していたチケット。


せっかく日本から来るので、イイ機会かなと思って。


「サマー・コンサート」なので、

クラシックか、ゴスペルか、

その辺りだろうと思ってたら


ロイヤル・オペラ・ハウスの

若手音楽家による、モダンオペラでした。


オペラってイタリア語・・・( ̄Θ ̄;)

英訳が出てたけど、それにしても

全くストーリーが掴めず・・・。


し、失敗しちゃったかも・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン


Liccaママもママ友も一生懸命見てくれてたけど


す、すみません・・・(ToT)


ん~・・・。芸術って難しい・・・。


ま、

本場のオペラ歌手の歌声が聞けたということで♪

ね(;・ω・)┘♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ロンドン市内観光③

【英国庭園と音楽鑑賞♪】


1272712_img
ポートベロー・マーケット

  ↓

 

1525251_img
キュー・ガーデンズ

  ↓

 

1303005_img
ハロッズ

    ↓

 

1525261_img
プロムス
(クラシック音楽の祭典)

………………………………………………………………………

今日は、ポートベロー・マーケットからスタート。

全長1キロほどの道に、所狭しと露店が並び、

アンティークから果物まで、様々な物が売られている。

メインの通りを歩きながら、マーケットを楽しんだ後は


チューブに乗って、

2003年にユネスコ世界遺産に登録された

キュー・ガーデンズへ。

見たこともないような大木が、

伸び伸びと育っていて、ガーデンというよりは、むしろ森のような感じ。

1525258_img_1

ゆっくり森林浴をしたあと

夜のプロムスに間に合うように、センターへ戻る。


時間があったので、ハロッズに立ち寄って

1515197_img

故ダイアナ妃と、ハロッズオーナーの息子のメモリアルへ☆


そして夜は、BBCの音楽祭 プロムス!

会場は、ロイヤル・アルバート・ホール

7月中旬から9月中旬まで行われるこのコンサートは

世界最大の音楽祭!!


「安く、親しみやすくクラシックに触れてもらおう」


と、言う事で始められたこのイベントは、

100年以上も続いていて、ドレス・コードもなく、歩き回ることもできる。

とにかく、音楽を楽しもうという気持ちがあれば、

旗や風船、クラッカーを持ち込むことも可能なようだ。

国際的なオーケストラ、ソリストや指揮者たちの殆どが、ここで演奏しているらしい。


超一流の演奏を、超低価格で聞ける絶好のチャンス☆


Liccaも2000円で席をゲットしました☆


今年は、モーツアルトの生誕250周年と言う事もあり

モーツアルトを始めとする、

3人の作曲家の曲が演奏されました。

柔らかく、荘厳な音楽を堪能し

優雅な気分で、本日終了☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ロンドン市内観光②

【テムズ川沿いを中心に】


1525236_img_1
ロンドン塔

  ↓
 
 

1525239_img_1
タワー・ブリッジ

  ↓
 
 

1404038_img
バラ・フード・マーケット

  ↓
 
 

テムズ川沿いのパブでビール

  ↓

タワーブリッジの夜景

…………………………………………………


ランチを食べてロンドン塔へ。

反逆者や異端者の幽閉や、処刑場としても使われていた場所。

その中には、王族や罪のない人も多かったらしい。

今では、世界最大530カラットのダイヤがはめられている王笏を始め

歴代の王が今でも使っている王冠など、数々のお宝が展示されています。


ひと通り見た後、
タワー・ブリッジを歩きながら向こう岸へ。

タワー・ブリッジも、ロンドンのシンボルマークなだけあって、ビクトリア朝のゴシック建築は見事☆


今日は調度、バラ・マーケットが開いている日なので、
ちょっと立ち寄る。

食材中心のマーケット

マーケットは、生活の違いがとっても良く見えるので

機会があれば、ぜひ。面白い発見がありそうです♪


Licca達は、美味しい生ハムとチーズをゲット☆


さらに歩いていると、

テムズ川沿いのパブがとても活気付いていました。


そうです!今日は金曜日( ̄∀ ̄*)☆


いつもだけど、特に金曜のパブは、人で溢れ返っている。

みんな川沿いにビールを持って来て飲んでいたので

Liccaたちも、「ロンドン流のフライデー・ナイト」を楽しむことに。

タイミング良く、おつまみ持ってるし♪イェイ♪

さっき買った、生ハム☆チーズ、

そして、ナゼか出てくる


「サキイカ」ちゃんと「チーカマ」君♪


あ~シアワセ(* ̄∇ ̄*)☆


どうせなら夜景まで見て帰ろう!


・・・と、言ってみたものの・・・、


いつまで経っても陽が落ちない( ̄Θ ̄;)


そう、夏はやたらと陽が長いのです。


と、言うわけで、待って、待って、

ようやく陽が落ちた22時ごろ

ロンドン橋からタワーブリッジを眺めながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ロンドン市内観光①

【とりあえず基本☆】


1515178_imgザ・マルを通って、
バッキンガムパレスの
衛兵交代式

 
  ↓
 
ビッグベンと国会議事堂を見て

  ↓

1353512_img_4
ウェストミンスター寺院
 

 
 

(途中、ホース・ガーズと記念撮影)

  ↓
 
パブでひと休みしてから

  ↓

1232327_img_2
トラファルガー・スクウェア

    ↓
 
 
 

1232328_img_1
ナショナル・ギャラリー

  ↓
 

Liccaのフラットで大家さんとお食事会


と、いう日程
………………………………………………………………………

まずは衛兵交代式を見に、バッキンガム・パレスへ。

王室旗が立っていたので、女王様ご在宅。

正面門の向かって左側のベスト・ポジションを取って、
交代式をしっかり見た後

セント・ジェームス・パークを経由しながら、

ビッグベンと国会議事堂へ。


あ~、何回見ても「ベンちゃん」ステキ(*´∇`*)☆


ビッグベンの側の芝生でランチタイム☆


いつでもどこでもお昼が食べられる所がイイ♪


なにせ、ニッポンのおかあちゃん!

お米も味噌汁もサラダもお漬物も

なんでも揃っとりますけんね( ̄▽ ̄;)


木陰で食べる日本のご飯は最高なのです♪


ゆっくりしてから、ウェストミンスター寺院へ入りました。


主に王室の葬儀関係が行われるらしい。

ヘンリー7世やエリザベス女王等の礼拝堂や

シェイクスピアなどの記念碑もあり、見応え十分の教会。


その後、首相官邸を横切って、

ホース・ガーズをチラッと見た後

パブでひと休み♪


そして、トラファルガー・スクウェアで

今でもフランスの方向を向いて監視をしている

イギリスの英雄、ネルソン提督像に挨拶してから


ナショナル・ギャラリーに入って絵画の鑑賞


ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」や

ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィニ夫妻の結婚」等々

数々の名画を堪能し。


今日の最後は、Liccaの住んでいるフラットへ。


大家さんが、お食事を用意して招いてくれたので、

英国流のおもてなしを受けながら、

優雅な時間を過ごしたのでした☆


初日から歩きまくりC= C= ┌(;・ω・)┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

手始めに・・・

今日は、バイトが終わってから、

ノッティングヒルでLiccaママたちと合流。

ちゃんと待ち合わせができたとこで、ひと安心☆


2階建てバスに乗り、とりあえずハイド・パークへ向かった。

緑の自然がいっぱいの巨デカイ公園。

よく、ショーやライブの会場としても使われている。

長い冬の間、夏を待ち望んでる人たちが多いようで

アウトライフを楽しみに来てる人たちでいっぱいでした。


それから、チャイナタウンへ向かい、夕飯は中華料理☆

気づくと既に22時を過ぎていたので

かつてはマルクスやモーツアルトたちも住んでいた

ソーホーの辺りを歩きながら、帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

EHツアー

忙しい日々を過ごしているみなさんには殺されるかもしれませんが・・・。


ヒマだ・・・( ̄Θ ̄;)

ヒマすぎて死んじゃう。。。


いや~、先週までなんか忙しかったのに

突然3連休ってのも、困るわ。

なぜか今週に限って予定がなく。


学校も終わったし、バイトのシフトも減ったしなぁ。

いつもお茶(ビールとも言う)してる友達は

試験勉強中なので、声かけることも出来ず。


本を読んでみるけど、英語なので眠くなるし。
(ダメじゃん!)


あ~。話したい、話したい、誰かと話したい。


死んじゃう、死んじゃう、死んじゃう。


やっぱり私は外で生きる類の人種らしい。

一日中1人で家の中にいると、もうダメ。


酸欠になりそうなので


お出かけしてみた。


実は、Liccaはイギリスの遺産を守る会の会員(EH)に入っている。

(EHの詳しい情報を知りたい方はこちら

ま、カード作っただけなんだけど。

そのカードがあれば、ストーンヘンジとかドーバー城とか、

溢れる程あるイギリス遺産にタダで行けちゃうの。


今日は、ロンドン市内のEH(English Heritage)

ウェリントンの凱旋門と豪邸「アスプレイハウス」

1495000_img

こちら凱旋門

1494999_img


いつも思うんだけど、こういう大邸宅って

よく中を公開しているんだけど

生活が見える場所って入れない。

例えば、ディナー・ルームとかボール・ルームとか

来賓を案内する所は見学できても、


お風呂とか、洗面所とか、キッチンとか、

お手伝いさん達の部屋とか、

実生活の場は見れない事が多い。


Liccaは、煌びやかなお部屋も良いけど

むしろそっちに興味がそそられる。


そういう訳で、またもや

何人座れるのか分かんないような

でっかいテーブルや、

煌びやかな燭台を見ながら

ため息をつくLiccaなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧