2006年7月27日 (木)

停電

Mちゃんと、今週2度目

再び大英博物館なり。

1535309_img

来たからには押さえとかないとねぇ。


そろそろ私、

「30分で回る、大英博物館」

って言う、ツアー組めるんじゃ?!

解説まで付けちゃう( ̄∀ ̄*)


で、引き続き、

「ナショナル・ギャラリー」

を、ざっと見て、

ネルソン提督にご挨拶してから

1535314_img

今日のメイン、Mちゃんのお買い物をしに

コヴェント・ガーデンへ行った。

1535329_img

いつも、大道芸人とその観客で賑わってます。


この日、最後に入ったお店がやたら暗かったので、

閉店かと思ったら、どうやら違う。

おかしいなぁと思ったけど、気に留めてなかったら、後で知りました。


実は、この日、かなり大規模な停電があって

センターの多くの場所で

電気が止ってたらしい。


ひどい所で4時間とか。


ちなみに、チューブの60%が止まってたって。

乗ってる時に止ったら死んじゃうよぉ。

ただでさえ、クーラー付いてないのに( ̄Θ ̄;)


友達の話では、

お店は一応開いてたけど、中は暗くて

なんだか異様な雰囲気だったらしい。


「スタバ」も、コーヒー売れないから

電気が要らないジュースとかだけ売ってたって。


ちなみに、この日家に戻ったら

うちも、デジタル時計が全部「00:00」。


この停電の原因は、どうやら、

「猛暑による電力の急激な需要拡大による」

らしいんだけど。


家のブレーカーが落ちるようなもので、

ロンドンのブレーカーが落ちちゃった

みたいな感じ( ̄Θ ̄;) ?


電気の需要と供給が合わなくなって来ちゃったのね。

・・・。

それって、実はすごく恐ろしくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

助かった~♪

あ~ (* ̄∇ ̄*) ホクホク♪

文明のある生活ってスバラシイ☆


やっぱり、お風呂は温かくないとね♪


結局、大家さんの知人が見に来てくれたんだけど

修理できなくて、

今日、ついに業者さんを呼ぶことになりました。


大家さんは、手を打つのが早いので

住人としては、とっても助かります☆


今回の業者さんは、良心的だったらしく

1万円くらいですんだらしい♪


£2000(40万円)の話はいずこへ( ̄Θ ̄;)?

ま、最悪その位高いってことだったのかな。


Anyway!!


いや~、今日もまた現代文明の素晴らしさを確認しましたよ。

ま、たまには、不都合を経験するのもいいことだよね。

キャンプしてみたりさー。

文明から遠ざかって、普段は当たり前にできる事が

できない!っていう経験してみたりね。

色んなことを再発見して、感謝する気持ちも起こるし。


・・・。

 
でも、やっぱ夏の日のコレはもういいかな( ̄Θ ̄;)。


水シャワーは、学生時代の水泳の授業で十分だわ。


と、言うわけで


今回学んだ事。


水のシャワーは、浴びた後に

体がポカポカするらしい。


以 上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

日本の常識 世界の非常識

だれか・・・。


お湯くれ。


お湯を出しくれ~(TωT。)!


Liccaの住んでいる家、

お風呂がタンク式なので、お湯が尽きたら水しか出ない話は以前にもしました。


・・・が、


違う。


全く出ないの!


えぇ。

この夏の最中に、ボイラーがぶっ壊れまして(; ̄Д ̄)


日本じゃありえないよ!


ボイラーを着火させようとトライしたけど

うんともすんとも言わない。


修理費用は、40万円。


大家さんとしては、なんとしてでも自力で修理したいのだ。


年に1度くらい起こるらしく、こんな時は

知人が修理してくれるらしいけど

その人はどうやら週末どこかにでかけてるらしい。


つまり、月曜まで待たないといけない。


そこで大家さんの提案


「近くのプールに行くか

友達の家のシャワーを借りてもらうのはどう?」
 
 

え~っと、競泳用の水着なんて持ってません。

しかも、プールはバスで30分くらいかかります。

友達の家も、一番近い人で、1時間はかかります。


<結論>

ム リ


ってなわけで、


  「水」


髪の毛だけは、ポットのお湯を運ぼう。。。

ほそぼそ。。(-_-)。。。


あ~、おしん、おしん。耐えねば。


お湯~、お湯がほし~い!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

真っ直ぐ帰りたい。

今日は、平穏な一日だったと思ったのもつかの間。

最後にやってくれたのは、やっぱりバス。

いつもすごいけど、今回はワースト。


バイト帰り

いつものようにバスに乗ってウトウトしてると

隣のおばちゃんに起こされた。


「ねぇねぇ、一体どうなってるの?」


寝かけてた私。


ふと外を見てみると
 


・・・・どこよ、コレ( ̄Θ ̄;)?

 

バスの迂回はいつもだから

「迂回ですよね?」

と、言ってみたものの、何かおかしい。


迂回なら道に看板が出されてたりするのに、それもなく。

細い道をグルグル回ってる。


しばらくして、1人の乗客が


「このバス、カムデン行くよね?」

と言った。


すると、運転手


「・・・カムデンに行かないといけない。」


・・・・。
 


行かないといけないって・・・。

 

まさか・・・(-"-;)

 

迷子かいっ!!!

 

ちょーっと、勘弁してよ。


バスが迷子になってどーするのさ?

 

・・・・。


やっぱり??

 

そうよね。

 

ここ、ロンドンだもん、そう来るよね・・・。

 
 

降りますよ、もう言われなくたって!

 

で、またもや訳のわからない道で降りる羽目に。

 

しっかし、バスの迷子はナシでしょう。


ま~ね、


運転手だって人間だから、失敗くらいするよね。

今日が初めての運転だったかもしれないしね。

ここはひとつ、大きな心で。
 
 

ドンマイ、ドンマイ(o^-^o)
 
 
 
 
・・・・って(-_-#)

 

・・・あなた。

 
   
それでご飯食べてんでしょーZ(`Д´Z) !

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

イギリスと水

ずいぶん春らしい天気になったので、久々に春コートを着てみた☆


・・・。


失敗した。


温かくなったとは言え、ここはロンドンだった。


周りの外国人が、Tシャツを着始めたのにだまされて、その波に乗ってみたけれど、こちらは凍死寸前。
再びカイロを出動させたけれど、間に合わず。


バイト先でも、私がインナーを着て、その上に長袖のTシャツ着て、さらにセーターまで着てる時に

隣にいたアフリカ系スタッフは、半そでTシャツ1枚。


どう考えても肌の構造が違う。


ここ最近、風が強い日が続いて、右を向くと青空、左側を向くと曇り

のように、晴れと雨が一日の中で何回も交代する。

雲の流れるスピードが異常に速い。

晴れていると思って傘を持っていないと、次の瞬間にずぶぬれになったり。

基本的に霧雨が多いが、最近はつぶが大きい。


なので、従来のイメージ通り、いつも雨の気がするんだけど


実は、イギリスは今渇水状態


大きなお庭を持っている、うちの大家さん


「今は、お庭の水やりもホースは使用禁止なのよ。

洗車も、ホース使ったらだめ。違反したら、罰金よ~」


こんなにすっきりしない天気なのに
「渇水」とはまたややこしい。


確かにまとまった雨が降らない。

霧雨なんて、すぐ降り出すにも関わらず、
空気は乾燥していてお肌に悪い。


元々乾燥しがちな私の肌は、もうカピカピ。。。


「絹豆腐」「高野豆腐」になりかけている。


おっと、「絹」は言い過ぎやった・・・失敬、失敬。


日本には、天の恵み「梅雨」があるし

夏にも結構激しい雨降ったりするもんね。


日本ってバランス取れてるよなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

やっぱりバス

また途中でバスから降ろされた。


終点まで行くつもりだったのに

突然、チカチカっと車内の電灯が点滅。


「終点です。みんな降りてください」


の合図。


全く終点でもないのにバスが止った。


良く外を見たら、終点の一つ前のバス停。


どうやら運転手は、そこで乗客を降ろした方が

簡単に折り返せると思ったようで

勝手に最終地点を変更したらしい。


T字になっている、目の前の道路。

左折した所が終点なんだけど

そうすると、バスの車庫まで戻るのに、遠回りしないといけないようで

そこを右折すれば、簡単に車庫に戻れるってワケ。


で、運転手は曲がる前に私達を降ろしたのよね。


こんな時って、意外とみんな素直に降りちゃうの。

抗議した所で、時間の無駄って思ってる感じ。


私は、抗議できるほどの語力ないし

歩けない距離じゃないし。

と思って降車。


振り返ったら、1人が残って必死に抗議。

ま、抗議するのも当然ですわね。

ただ、その人の手元には松葉杖・・・。


バスの運転手

それ見て良心痛まないのかしら・・・。


それどころか、抗議されて逆切れし始め

しまいには、バスから降りて口論・・・(; ̄Д ̄)


そんなことやってるヒマがあるなら

ちゃんと終点まで運転してくれたらいいのに。

そっちの方がよっぽど早いし。


それでも結局はバスを動かせる運転手の方が強い。


松葉杖の人も、怒りながら歩いて行ってしまった・・・。


・・・どうなの、これ。

・・・責任感って、どこにあるの(-"-;)?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

家ネタ

友達がお宅拝見にやってきた。

みんな家を借りているんだけど、その家事情が色々違って面白い。

そして、その家々が持っている「デメリット」は機能的な日本から来ている人にしてみると、結構ギャグ。


例えば、私。

①シャワーが壊れている。(ま、日本でもあるかも)

②レンジが無い。(ん~、9割方普通持ってるよね?)

③家を売り出し中だ。(・・・アル( ̄Θ ̄;) ?)


実は、買い手が決まったら、またお引越し☆あはは~。

ま、それはいいんだけど、


例えば、友達。


家の隙間風が寒くて寝れない。

理由:屋根裏が部屋になっていて、
ベッドで寝ていても、前髪が風で揺れる。
(え?毎日キャンプですか?)


それって、家の機能を果たしているの(’▽‘;;)?


次。


例えば、友達。


極寒なのに、家中を暖めている暖房(セントラルヒーティング)が壊れる。

理由:排気口に長年育ったツタが入り込み、更に中で成長し、しまいに排気口を破壊。

お陰で、一歩間違えれば一酸化炭素中毒で死んでたかもって。。。

・・・(ー'`ー;)・・・これ笑えない。


でも、家の「困った」はつきもので、もうみんなネタにしちゃってるし( ̄▽ ̄;)


きっと、このテーマに関しては、もっとウワテなネタ持ってる人、たくさんいるんだろうね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年2月14日 (火)

ハッピー・バレンタイン☆

みなさん、どのように過ごされたんでしょうか。。。

私は、ここでの初バレンタインなので、ロンドンの人がどう捉えているのかとても興味があったんだけど。。。

バイトを通して見てみても、やっぱり明らかに日本とはお客さんの反応が違う。

日本だとバレンタインの前はデパ地下やチョコやさんが女性で殺到しますよね。

「義理チョコ」もあるから、買う量も多いし。

でも、ここは「義理チョコ」という方考えがないからか、それとも、ただ私の周りで起こっていないだけなのか、

熱気を全然感じられないまま、あっさり終わってしまいました。

でも、ひとつ驚いたのは、男性もチョコとカードを買っていかれること。

どうやら、バレンタインは

女性→男性 だけではなく

女性⇔男性 のものみたい。


日本の義理チョコも賛否両論だけど、個人的にはいいんじゃないかなって思うの。

「義理」って言ってしまうとちょっと寂しいけど、

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝るという意味では、あげるものがチョコだってなんだって、良いことだと思う。

何かないと、そういうのってできないし。


ちなみに私はこのバレンタインをどうやって過ごしたかと言いますと。。。

バイトが終わって友達と、一緒に「おでん」食べに☆

色気なし・・・(-_-)


9ヶ月ぶりに日本酒飲みながら。。。

すごいの、こんにゃくも大根も食べちゃったんだから☆(威張ることじゃないって?)

久しぶりで骨身にしみました~(* ̄∇ ̄*)

やっぱりいつに限らず日本食は最高ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

スーパーの野菜

最近なぜかお気に入りなのがトマト系。

トマトスープとフランスパンの組み合わせがここ最近の私のブーム。(←すぐ自分の中で何かがハヤる)

今日も、トマトとトマト缶。それにトマトスープまで買ってしまった(゚_゚ ;)。。。


ところで、そのトマト。

ある情報誌で以前見かけたんだけど、


「某大手スーパーでは、野菜や果物を1年位前に収穫して特別保存し、時期をあわせて売っている」みたいな記事。


詳しいこと忘れちゃったけど

「1年も野菜がもつかい(>_<) !」って話。


でもね、確かにホントに腐らない野菜があるの。


実際、私もリンゴを買って冷蔵庫の中に入れてたんだけど、見た目がOKだったからそのまま置いといたら、結局1ヶ月くらい殆ど変わらなかった。


おっそろし~( ̄_ ̄;)。ありえない。


レタスも異常に長持ちしたし。


そんな中でも、唯一保存してないのがトマトなんだって。

だからハマってるって訳じゃないんだけど、「トマト」でその話思い出しちゃったの。


でも、ホント気持ち悪いですよね~。

腐んない野菜なんて。

やっぱり高くてもオーガニックを買うべきなのかなぁ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

Buy1 Get1 Free

歯磨き粉を買いに、薬局「Boots」に。

「マツキヨ」みたいに、あちこちにあるドラッグストア。

あんなに安くないけどね。

でも、ここで良く見かけるのはコレ。


『Buy1 Get1 Free!』


1つ買ったらもう1つ目が(もしくは安い方)タダにになりますよ~!ってやつ。


どうもロンドンの人たちはこの制度が大好きらしい。


到る所でこれを見かける。

スーパーでも、普通のショップでも。


ちなみに、私がこの間行ったコッツウォルズも、

「Buy1 Get1 Free! 1人£35のところを、2人で£35!!」

という、ミラクルになっていた。


でも、時にこんなものも見たりする。


1缶 £0.99

4缶で £3.99 !!


上がってるジャン(; ̄Д ̄)!3ペンス!


多く買ったら安くなるって言うのは、日本人的発想?


う~ん、未だに分からない、ロンドンの七不思議。


| | コメント (0) | トラックバック (0)