« うっとうしいでしょうが。 | トップページ | プロムス(再) »

2006年8月17日 (木)

day travel⑦【Canterbury】

今日のすべての予定をキャンセルして、

もう一度、コリン君(昨日のビリー君)を、

見に行くべきだろうか・・・。

と、本気で考えましたが

やっぱり予定を決行することにしました。

だって、今日はコリン君じゃないかもしれないし。


ビクトリア駅の前にある、ビリーの劇場を横目で見ながらヾ(TωT。)、そのまま駅のバスセンターへ。


カンタベリー行きのバスへ乗り込む。


これまた、事前に予約しておいたバス。


一緒に行くはずの友達が、行けなくなったので、急遽一人旅になりました☆


頭に残ったビリーの曲に酔いしれながら、

バスに揺られる事2時間。


大聖堂がそびえるカンタベリーに着きました。

1575745_img


1人なので、自分のペースでゆっくり歩き、

疲れたらお茶をして、のんびり過ごす。

1575718_img


大聖堂では、オーディオガイドを借りて、

ゆっくり進んでいたら、

通常50分所要時間のところ

気づけば2時間Σ(゚д゚;)

おっとっと。


ゆっくりじっくり味わいたい人なのです。


カンタベリー大聖堂は、英国国教会の総本山。

殉教者トマス・ベケットで有名な場所。


ヘンリ2世の腹心だった、トマス・ベケットが、

大司教に任ぜられると、2人の間は、

教会の自由をめぐって対立するようになる。


ヘンリ2世がベケット暗殺を望んでいると

誤解した、ヘンリ2世の4人の騎士によって、

トマス・ベケットはこの教会で暗殺された。

その後、ここは巡礼者たちの聖地になった。


トマス・ベケットの殺され方は

とても残酷なもので、

4人の騎士に、頭から斬りかかられている。


その殉職の場所には、

十字架に刺さった二つの刀と

その刀の影で、合わせて4本の刃を表している

オブジェがあった。

1575737_img


また、教会のステンドグラスもどれも見事で

その色の調和は見ていて飽きない。

この深く澄んだ青の色は、見ていて

とても気持ちがいい。

1575743_img

一つ一つのガラスに込められた

話の意味が分かれば良いのになぁ。


しばらくすると聖歌隊の合唱が始まり

とても清らかな気持ちになりました。

 
大聖堂から出て歩いていると

美味しそうなフィッシュ&チップスを食べてる人たちがいたので、

誘惑されて、チップスだけ買って食べる事に。


お店に入ると、おじちゃん

「フィッシュ&チップス?」


「うん!(o^-^o) 」


・・・イヤ、違うやろ(-"-;)

チップスだけのはずやったやん・・・( ̄Θ ̄;)


YESと言っちゃう、この口が悪い。


で、こんなでかいフィッシュ&チップスが登場。

ポテトは中に敷かれてます。

1575746_img

ま、美味しかったからいいや~♪


食べ終わってバスセンターに向かってると

突然、隣に見知らぬおじちゃんが現れ


「さっきのフィッシュ&チップス美味しかったでしょ?」

と、言ってきた。


・・・なに?見られてた( ̄Θ ̄;)?


「あそこのは美味しいんだよー♪

海岸沿いの街より、ずっと美味しくてね・・でね・・」


と、なんだかよく分からないけど

1人でペラペラ話始めて

そして、バスの乗り方を教えてくれてどっかに行ってしまった。

ま、あれが

「大当たりフィッシュ&チップス」だった、

ということは分かったので、満足☆満足

|

« うっとうしいでしょうが。 | トップページ | プロムス(再) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32126/3104106

この記事へのトラックバック一覧です: day travel⑦【Canterbury】:

« うっとうしいでしょうが。 | トップページ | プロムス(再) »