« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

送別会

今日は、バイトの送別会でした。

誰のって・・・。

Liccaのですヾ(TωT。)


Liccaママたちが来てたホリデー中に、

みんながこっそり準備を進めてくれてたの。


送るのには慣れてるけど、送られるのは苦手。

誰の送別会か、自分でも良く分かってない。


忙しいのに、お店のメンバー全員と

前のマネージャーまで来てくれてて、

それだけで感動でした。


そして、Liccaに手渡されたプレゼントは・・・


みんなのメッセージと

小さな写真が9枚入る、大きな写真タテに

スタッフ全員の写真が入ってました(涙涙)

 

一番最後に入って、

一番英語も使えなくて、

いつも誰かに助けてもらってるのに


本当に本当に、Liccaはシアワセ者でした。


OL時代もだったけど、

職場で良い仲間に出会えるって

本当に「Lucky」としか言いようがない気がする。


あ~、これから先が恐ろしい・・・。

もう、運を使い果たしちゃったかも。。。


学校だけでは得られない事を

ホントにたくさん経験させてもらって、

良いスタッフと働かせてもらえて


ありがとうございます!


それ以上に、日本語でさえ言葉が出ない。


本当に、ありがとうございます。


早めの送別会なので、残ってるシフトはあと6日。


「もう日本人とは働きたくない」


ではなく、みんなにも


「あ~、日本人なら一緒に働けるかな」


って、思ってもらえると嬉しいので

最後まで、頑張ってきます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

ハンプトン・コート・パレス

Mちゃんとハンプトン・コート・パレスへ行って来た。

1535380_img


大自然を活かしているキュー・ガーデンズに対し

こちらは、権力を握った人の手に渡ってきたパレスなので

整備された美しい「英国庭園」だった。

1535370_img


Liccaは全く前知識がなくて、Mちゃんの滞在先の人が

すごくオススメしてくれてるので、と言う事で行ってみたけど、


期待以上に、これは一見の価値ありでした。


ハンプトン・コート・パレスは

ヘンリー8世やウィリアム3世などの、

歴代王が使用してきたところ。


ところで、このヘンリー8世。


歴代王きってのインテリだったらしいけど

6人もの妻を持ち、正妻の侍女に手を出しておきながら

怒った正妻を、逆に姦通罪で殺してしまうとか、

もろもろの恐ろしいお話がある。

さらに、その殺された正妻、アン・ブリ―ンと

ヘンリー8世の娘が、あのエリザベス女王だというのも、

また、興味深い事実。


Liccaの中で、これまで彼は、

「女好き+奥さん処刑してる=悪い人だ!」

という、方程式が出来上がってたけど


このパレスの中で、彼の背景や生活、

その時代の宗教や政治、

色んな側面がちょっと見えて、

なんだか人間的な一面も見えた気がした。


当時って、政治や宗教、世継ぎ問題とかが絡んで

すっごい世界だったんだろうね( ̄Θ ̄;)


パレスの中は、謁見室から、執事室、バスルームやキッチンなど

公的なもの~私的なものまで見れて、

ガーデンじゃなく、宮殿としてだけでも

とても面白い所だった。

1535374_img

そうそう、こういう生活の場が見たかった!


窓の外は、頭に描いていた「英国庭園」

1535361_img

この庭園の中には、木で作られた

1535351_img

「メイズ(迷路)」もあり、ますますイメージ通り☆


あ~、もうちょっと早く来てたらLiccaママたち来れたのになぁ。。。惜しい・・・。


幽霊が出るで、有名な場所だけど、

ここは、「Liccaオススメの場所」の

かなり上位にランクインしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

停電

Mちゃんと、今週2度目

再び大英博物館なり。

1535309_img

来たからには押さえとかないとねぇ。


そろそろ私、

「30分で回る、大英博物館」

って言う、ツアー組めるんじゃ?!

解説まで付けちゃう( ̄∀ ̄*)


で、引き続き、

「ナショナル・ギャラリー」

を、ざっと見て、

ネルソン提督にご挨拶してから

1535314_img

今日のメイン、Mちゃんのお買い物をしに

コヴェント・ガーデンへ行った。

1535329_img

いつも、大道芸人とその観客で賑わってます。


この日、最後に入ったお店がやたら暗かったので、

閉店かと思ったら、どうやら違う。

おかしいなぁと思ったけど、気に留めてなかったら、後で知りました。


実は、この日、かなり大規模な停電があって

センターの多くの場所で

電気が止ってたらしい。


ひどい所で4時間とか。


ちなみに、チューブの60%が止まってたって。

乗ってる時に止ったら死んじゃうよぉ。

ただでさえ、クーラー付いてないのに( ̄Θ ̄;)


友達の話では、

お店は一応開いてたけど、中は暗くて

なんだか異様な雰囲気だったらしい。


「スタバ」も、コーヒー売れないから

電気が要らないジュースとかだけ売ってたって。


ちなみに、この日家に戻ったら

うちも、デジタル時計が全部「00:00」。


この停電の原因は、どうやら、

「猛暑による電力の急激な需要拡大による」

らしいんだけど。


家のブレーカーが落ちるようなもので、

ロンドンのブレーカーが落ちちゃった

みたいな感じ( ̄Θ ̄;) ?


電気の需要と供給が合わなくなって来ちゃったのね。

・・・。

それって、実はすごく恐ろしくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

ひさびさのオヤスミ☆

Mちゃんが、知合いに合いに遠出してるので、今日Liccaは久々のオヤスミ☆

今まで、寝たりなかった分を、

取り返そうと頑張って(?)

無理やりお昼まで寝てましたv( ̄∀ ̄*)v


あー、そろそろ引越しの準備始めないといけないなぁ。

やばいよね~、この荷物どうしよーー。


ロンドンにいる間に、

「天使と悪魔」(英語版)

を、読みきって帰るはずなのに


かれこれ、6ヶ月は経過してるけど

・・・まだ半分( ̄Θ ̄;)
 


Liccaの帰国目標は2つ。


①「天使と悪魔」英語版を読み終えること

②着て来たものを、着て帰ること

 

え~。。。


今、着てきたGパンを履いて帰ると

間違えなく

「エコノミー症候群」になるので、

これは、命の危険がある・・・( ̄Θ ̄;)。


後者に比べれば、本の方が現実的よね。

うん。

そっちから始めよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ロンドン市内観光⑥

【ミイラ見てから、お買い物♪】


1535310_img
大英博物館
 
 ↓

ハイ・ストリート・ケンジントン

…………………………………………………………


今日は、朝いちからチューブで動く予定だったけど

安いトラベルカードが9:30~売り出すみたいだったので

それなら、せっかくだし、

近くの大英博物館に行っとく┌|∵|┘?


とりあえず、メインの

1535308_img_1

「ロゼッタストーン」


なにかあるにつけて、来てるので

そろそろ読めちゃうんじゃないかって勢い( ̄Θ ̄;)


え~、続きまして

1535311_img_1

「ミイラちゃん」


他にもたくさん見るべきところはあるんだけど、

こんなんじっくり見てたら1日あっても足りないので、次。


帰る日って、飛行機の時間が遅くても

意外と時間がないもので、

ハイストリート・ケンジントンで

バタバタとお買い物を済ませ、空港へ。


いや~、長いようで、あっという間!

まだまだ、もっと見せたい所があったんだけど

キリがないもんねぇ。

ってなわけで、Liccaママたちは、無事にすべての旅行日程を終えて、帰国しました。、

ハードだけど、楽しかった☆

次回は、万歩計持参で。


そして、Liccaは・・・、

その足で、今度は昨日、東ヨーロッパ旅行から戻ってきた、Mちゃんと合流☆

送って、迎えて、大慌てC= C= ┌(;・ω・)┘


すごく楽しんで帰ってきてたので良かった☆

MちゃんもLiccaもげっそり疲れてたので、

パブに寄って、一杯飲んで帰りました☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ロンドン市内観光⑤

【Liccaのオススメ攻め】


コートールド・ギャラリー

  ↓

1525294_img
リージェンツ・パーク

  ↓

 
 
1525297_img
パブでイギリス料理

  ↓
 
 
 
1262601_img_1
ミュージカル「ビリー・エリオット」

 
 
 
 
………………………………………………………………………

歩きまくりの毎日なので、起きるのが辛い。

そう、この辛さは、まるで体育会系の合宿の朝のよう。


そんな、疲れもピークに達した今朝。

今夜のミュージカル「ビリー・エリオット」の

チケットを取りに走りました。


劇場には、当日の11時からのみ、売り出すチケットがある。


最前列と、その後ろの席☆


安い上に、迫力満点☆

席で受ける印象が、また変わってくるので

絶対に良い席を取りたいLicca。


これを取らない手はナイ(* ̄ー ̄)キラリ☆


実は、金曜日の朝にも挑戦したんだけど

11時ちょっと過ぎに着いたら、既にチケットが残ってなかった。

あまりにも早すぎるので、何時から発売したのか聞くと


「今日は人がいなかったから、10:30から売り出したの」


ヽ(`⌒´)ノ!ムキ~っ!

10:30なら10:30て言え~!!


と、言う事で、今回は10:30にリベンジ。


しっかし、また、なんともバスが動かないし、

乗り継ぎのバスも全然来ない!


また間に合わないんじゃ( ̄□ ̄;)!!


で、結局

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


朝から、ウェストミンスター寺院の前を

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


ビッグベンを背にして

・・・走るC= C= ┌(;・ω・)┘


そして、なんとか念願の席をゲットし☆


ようやく観光スタート♪


まずは、Liccaの一押しギャラリー

コートールド・ギャラリー

サマセットハウスの中にある、比較的小さなギャラリー。

小さいと言っても、コレクションは超ビック。

ゴッホやゴーギャン、モネ・マネ・ルノアール

セザンヌ、ドガ、ルーベンス等々

超ビックで有名な絵画ばかり。

かなり見応えがあります。

絵画好きの人には、絶対お勧め☆


その後、ベイカーストリートで

シャーロックホームズの銅像に挨拶してから

リージェンツ・パークへ

宮廷建築家、ジョン・ナッシュ指揮により整備された公園で、花と緑のバランスがステキ☆

1242487_img

池のほとりの木陰に座ってお昼ご飯♪


それから、オクスフォード・ストリートで買い物をした後、


劇場の隣のパブで、今日は英国料理に挑戦。

見た目よりも味が良く、2人とも満足してくれたみたい☆


そして、最後の夜は

Liccaの一押しミュージカル!


Billy Elliot [Original Cast Recording]

「ビリー・エリオット」


ロンドン来たなら、悪いこと言わないから

ぜひコレを観て帰って☆ヾ(TωT。)


今まで観てきたミュージカルの中でも

Licca的には、やっぱりこれが最高!


脚本も良いし、演出がまたスバラシイ!

通常のバレエだけでなく、

タップもモダンもアクロバットも

なんでも入ってて、リズミカルで迫力満点!


「リトル・ダンサー」の映画を見たとき、

号泣し、あまりに感極まって

イスから立ち上がれなかったという

エルトン・ジョンが音楽を担当。


脚本と演出はリー・ホール

そして、監督はスティーブン・ダルドリー


笑いと涙と、様々な感情が巧みに混ざって

また、その表現がすごい!

とにかくブリリアント!!


2006年オリビエ賞(英国舞台版アカデミー賞)の

「最優秀新作ミュージカル作品賞」を受賞していて

最優秀主演男優賞、最優秀音響効果賞、最優秀振付賞を受賞したほか

主演女優賞や、演出賞等、殆どの部門において

ノミネートされてるのです。


2人には、映画で予習して来てもらったので

ストーリーの展開は大丈夫だったみたい。


すっごい良い席で、

ビリー役もはまり役の男の子で


Liccaは、もう(*´∇`*)

ハート☆ハート

あ~スキスキ☆大好き☆


日本に帰ったら

このミュージカルのためだけにでも

○万円払って、ロンドンに来たいわ。。。


楽しめるか心配してた2人も

めちゃめちゃ楽しんでくれたようで

「もう1回観たい!」って出てくるくらい☆


良かった(o^-^o) ☆


帰国したら「ビリー」と離れちゃうのが、

なんとも辛いわヾ(TωT。)

既に、3回も観ちゃったけど

帰るまでに、また観とかないと(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ロンドン市内観光④

【遠出するならココ!夜はオペラ♪】


1525273_img
ラ イ (Rye)

  ↓

 

1404067_img
ロイヤル・オペラ・ハウス

 
 

 
………………………………………………………………………

今日は遠出です。

遠出はいくつか候補があったけど

自然が残っていて、静かな所

との、リクエストにより、ライに決定☆

日帰り旅行で、ライはLiccaの一押しの場所。

ロンドンからは2時間30分くらいかかるけど

昔からの佇まいがそのまま残っているし

なにより、観光地化されていない所がステキ☆

1494931_img


電車に揺られてライへ。

イギリスの、のどかな風景が見れるので、

電車の移動もまた楽しい♪


天気が崩れそうだったけど、ライに着いたら、

きれいな青空☆

1525270_img

今日は、どっかの民族ダンスをしてました。


のんびりしたひと時を過ごし、

再び電車に揺られて、チャリング・クロスへ戻り


「マイ・フェアレディー」の舞台になった

コヴェント・ガーデンを急いで通り過ぎて

ロイヤル・オペラ・ハウスへ。


ロイヤル・バレエとロイヤル・オペラの本拠地です。


今夜は、ここで「サマー・コンサート」♪


大家さんから

通常すごく高いロイヤル・オペラのコンサートが、

このサマーコンサートならすごく安く手に入るよ、

と、教えてもらい

何をやるのか良く分かんなかったけど

とりあえず、前々から購入していたチケット。


せっかく日本から来るので、イイ機会かなと思って。


「サマー・コンサート」なので、

クラシックか、ゴスペルか、

その辺りだろうと思ってたら


ロイヤル・オペラ・ハウスの

若手音楽家による、モダンオペラでした。


オペラってイタリア語・・・( ̄Θ ̄;)

英訳が出てたけど、それにしても

全くストーリーが掴めず・・・。


し、失敗しちゃったかも・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン


Liccaママもママ友も一生懸命見てくれてたけど


す、すみません・・・(ToT)


ん~・・・。芸術って難しい・・・。


ま、

本場のオペラ歌手の歌声が聞けたということで♪

ね(;・ω・)┘♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ロンドン市内観光③

【英国庭園と音楽鑑賞♪】


1272712_img
ポートベロー・マーケット

  ↓

 

1525251_img
キュー・ガーデンズ

  ↓

 

1303005_img
ハロッズ

    ↓

 

1525261_img
プロムス
(クラシック音楽の祭典)

………………………………………………………………………

今日は、ポートベロー・マーケットからスタート。

全長1キロほどの道に、所狭しと露店が並び、

アンティークから果物まで、様々な物が売られている。

メインの通りを歩きながら、マーケットを楽しんだ後は


チューブに乗って、

2003年にユネスコ世界遺産に登録された

キュー・ガーデンズへ。

見たこともないような大木が、

伸び伸びと育っていて、ガーデンというよりは、むしろ森のような感じ。

1525258_img_1

ゆっくり森林浴をしたあと

夜のプロムスに間に合うように、センターへ戻る。


時間があったので、ハロッズに立ち寄って

1515197_img

故ダイアナ妃と、ハロッズオーナーの息子のメモリアルへ☆


そして夜は、BBCの音楽祭 プロムス!

会場は、ロイヤル・アルバート・ホール

7月中旬から9月中旬まで行われるこのコンサートは

世界最大の音楽祭!!


「安く、親しみやすくクラシックに触れてもらおう」


と、言う事で始められたこのイベントは、

100年以上も続いていて、ドレス・コードもなく、歩き回ることもできる。

とにかく、音楽を楽しもうという気持ちがあれば、

旗や風船、クラッカーを持ち込むことも可能なようだ。

国際的なオーケストラ、ソリストや指揮者たちの殆どが、ここで演奏しているらしい。


超一流の演奏を、超低価格で聞ける絶好のチャンス☆


Liccaも2000円で席をゲットしました☆


今年は、モーツアルトの生誕250周年と言う事もあり

モーツアルトを始めとする、

3人の作曲家の曲が演奏されました。

柔らかく、荘厳な音楽を堪能し

優雅な気分で、本日終了☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ロンドン市内観光②

【テムズ川沿いを中心に】


1525236_img_1
ロンドン塔

  ↓
 
 

1525239_img_1
タワー・ブリッジ

  ↓
 
 

1404038_img
バラ・フード・マーケット

  ↓
 
 

テムズ川沿いのパブでビール

  ↓

タワーブリッジの夜景

…………………………………………………


ランチを食べてロンドン塔へ。

反逆者や異端者の幽閉や、処刑場としても使われていた場所。

その中には、王族や罪のない人も多かったらしい。

今では、世界最大530カラットのダイヤがはめられている王笏を始め

歴代の王が今でも使っている王冠など、数々のお宝が展示されています。


ひと通り見た後、
タワー・ブリッジを歩きながら向こう岸へ。

タワー・ブリッジも、ロンドンのシンボルマークなだけあって、ビクトリア朝のゴシック建築は見事☆


今日は調度、バラ・マーケットが開いている日なので、
ちょっと立ち寄る。

食材中心のマーケット

マーケットは、生活の違いがとっても良く見えるので

機会があれば、ぜひ。面白い発見がありそうです♪


Licca達は、美味しい生ハムとチーズをゲット☆


さらに歩いていると、

テムズ川沿いのパブがとても活気付いていました。


そうです!今日は金曜日( ̄∀ ̄*)☆


いつもだけど、特に金曜のパブは、人で溢れ返っている。

みんな川沿いにビールを持って来て飲んでいたので

Liccaたちも、「ロンドン流のフライデー・ナイト」を楽しむことに。

タイミング良く、おつまみ持ってるし♪イェイ♪

さっき買った、生ハム☆チーズ、

そして、ナゼか出てくる


「サキイカ」ちゃんと「チーカマ」君♪


あ~シアワセ(* ̄∇ ̄*)☆


どうせなら夜景まで見て帰ろう!


・・・と、言ってみたものの・・・、


いつまで経っても陽が落ちない( ̄Θ ̄;)


そう、夏はやたらと陽が長いのです。


と、言うわけで、待って、待って、

ようやく陽が落ちた22時ごろ

ロンドン橋からタワーブリッジを眺めながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ロンドン市内観光①

【とりあえず基本☆】


1515178_imgザ・マルを通って、
バッキンガムパレスの
衛兵交代式

 
  ↓
 
ビッグベンと国会議事堂を見て

  ↓

1353512_img_4
ウェストミンスター寺院
 

 
 

(途中、ホース・ガーズと記念撮影)

  ↓
 
パブでひと休みしてから

  ↓

1232327_img_2
トラファルガー・スクウェア

    ↓
 
 
 

1232328_img_1
ナショナル・ギャラリー

  ↓
 

Liccaのフラットで大家さんとお食事会


と、いう日程
………………………………………………………………………

まずは衛兵交代式を見に、バッキンガム・パレスへ。

王室旗が立っていたので、女王様ご在宅。

正面門の向かって左側のベスト・ポジションを取って、
交代式をしっかり見た後

セント・ジェームス・パークを経由しながら、

ビッグベンと国会議事堂へ。


あ~、何回見ても「ベンちゃん」ステキ(*´∇`*)☆


ビッグベンの側の芝生でランチタイム☆


いつでもどこでもお昼が食べられる所がイイ♪


なにせ、ニッポンのおかあちゃん!

お米も味噌汁もサラダもお漬物も

なんでも揃っとりますけんね( ̄▽ ̄;)


木陰で食べる日本のご飯は最高なのです♪


ゆっくりしてから、ウェストミンスター寺院へ入りました。


主に王室の葬儀関係が行われるらしい。

ヘンリー7世やエリザベス女王等の礼拝堂や

シェイクスピアなどの記念碑もあり、見応え十分の教会。


その後、首相官邸を横切って、

ホース・ガーズをチラッと見た後

パブでひと休み♪


そして、トラファルガー・スクウェアで

今でもフランスの方向を向いて監視をしている

イギリスの英雄、ネルソン提督像に挨拶してから


ナショナル・ギャラリーに入って絵画の鑑賞


ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」や

ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィニ夫妻の結婚」等々

数々の名画を堪能し。


今日の最後は、Liccaの住んでいるフラットへ。


大家さんが、お食事を用意して招いてくれたので、

英国流のおもてなしを受けながら、

優雅な時間を過ごしたのでした☆


初日から歩きまくりC= C= ┌(;・ω・)┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Licca、ツアーガイドに。

今日からは、「ツアーガイドLicca」の登場です。

Liccaママ+ママ友 の専属ガイド。


「Liccaのオススメの所でいい」と、言う

リクエストだったので、


ロンドン生活、1年間の集大成!


【ロンドンの良い所取り!!

良いもの上からやっていこうね☆

6日間ツアー】


を、決行いたした訳でございます♪


Licca一押しの所ばかりなので

これからロンドンへ来られる方は、ぜひどうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

手始めに・・・

今日は、バイトが終わってから、

ノッティングヒルでLiccaママたちと合流。

ちゃんと待ち合わせができたとこで、ひと安心☆


2階建てバスに乗り、とりあえずハイド・パークへ向かった。

緑の自然がいっぱいの巨デカイ公園。

よく、ショーやライブの会場としても使われている。

長い冬の間、夏を待ち望んでる人たちが多いようで

アウトライフを楽しみに来てる人たちでいっぱいでした。


それから、チャイナタウンへ向かい、夕飯は中華料理☆

気づくと既に22時を過ぎていたので

かつてはマルクスやモーツアルトたちも住んでいた

ソーホーの辺りを歩きながら、帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

来た~!!

ニッポンのおばちゃん登場!!


Liccaママ+お友達が到着しました☆


日本食を山ほど持って来てて、

「米」、「ふりかけ」、「味噌汁」・・・、

この辺りはまぁ、普通。


何がすごいって、


「水」まで持ってきてる( ̄Θ ̄;)


さすがにそれは、ロンドンにもありますがな・・・。


日本から来てるMちゃんが、東欧旅行に行っている間

調度ぴったり、入れ替わり。


今日と明日だけは、

Liccaのバイトが休めなかったので

とりあえず、この2日だけは

2人で乗り切ってもらわないといけないんだけど

なにせ、英語はまったくの2人・・・。


しかし、初日の今日。

Liccaの心配には及ばなかったようで

僅かに知ってる英単語と

ボディーランゲージと

使えるすべての手段を使い

さらに
 
「青木さやか」の超そっくり韓国人に、助けられながら

なんとか、地下鉄使って、2人だけで市内観光したようだ。


いや~、言葉はないと困るけど

なくても、どうにかなるようです(o^-^o)


「勢い」は 「思い」は「言葉」を超えるんだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

モーター・ショー

おはよ・・・(-_-)Zzz

家に着いて、さらに2時間ほど寝て起き上がる。


アタマイタイ・・・(TωT。)


しかし、今日は久しぶりにCちゃんとイギリス人のSちゃんに会う予定。

あ~しんどい・・・。

しかし、起きねば・・・。


今日もまたチューブが止っているので

バスでセンターまで向かう。

このバスの揺れが、二日酔いに

素晴らしくダメージを与えてくれる。。。


やっと着いたと思ったら、

2人ともちょっと遅れると言うので

バス酔いと二日酔いが

絶妙なハーモニーを奏でている

最悪なコンディションのLiccaは、

公園の芝生に寝て待つことにした。


いや~、まわりも寝てるから、気にしなくていいわ~。


2人がやってきたので、ご飯を食べに。

ご飯を食べてお茶をいっぱい飲んだら随分復活した(o^-^o) v


その後、Sちゃんを三越デパートへ連れて行った。


デパートを出ると、

さっきまで普通の道だったのに

突然、すべての交通がシャットされて

なにやらパレードが始まっていた。


1525211_img


「モーター・ショー」

1525212_img

走る系の車や、映画で使われた車がパレードしてました。

こんな、気味の悪い車も

1525203_img


すぐそこで、ドリフト(?)してたり。


あの、


「ブ~~ンッ!!」って、スピード出して

「キキキ~ッ!!」って、ブレーキ踏んで

「クルッ!キューッ(煙)!」って、回って駐車するやつ。


わかる( ̄Θ ̄;)?

あれ。

あれやってた。


ちびっこたちに紛れて一通り興奮して。

それから、市内を歩きまくって

靴ずれ、たくさん作って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

遊びすぎ?

今日はMちゃん連れて、ポートベローのマーケットとハロッズに行って来た。

ポートベローはロンドンの有名なアンティーク・マーケット

食材も売ってるし、ちょっと小道に入ると

オシャレなお店もたくさんあって、結構楽しめる場所だ。


夜、Mちゃんと別れた後

前のフラットメイトの家に呼ばれてたので行った。

すぐに帰るつもりだったのに

結局遅くなってしまって、そのままお泊り。


一緒に住んでた事もあるし、

いつも気軽にお泊りさせてもらってる。


彼女と暮らし始めた時、ある話から

生活の中での気遣いの話になった。


「片方が気を遣うと、

相手も気を遣わないといけないじゃん。

親切のつもりかもしれないけど、

でも、それで相手まで気を遣わせるのは、

逆に親切ではないよね」

って言われた。


あ!そういう見方か。。と思った。


気は遣うものだろうけど

遣い方によっては、良くも悪くもなる。

彼女の所がなんとなく居心地いいのは

彼女が変に気を遣わないから、

こっちも頑張らずに居させてもらえるんだろうね。


で、今日もまたお泊りになったんだけど


突然の外泊には1つだけ問題がある。


外泊する場合は、大家さんに、23:30までに連絡しないといけない。

寝る時に内側からかんぬきをかけ、警報機をセットするので、帰らないなら連絡しないといけないのだ。


しかし、その時既に0時すぎ。

本当に帰るつもりだったのに、

疲れがどっと出たらしく

速攻でお酒がまわって、頭クラクラ。

・・・やばい、帰れん・・・。


電話するにも、遅すぎて起こしてしまうので

早朝4時ごろに帰ることにした。


明るい方が安全だし。


で、いつものようにソファーを借りて、爆睡。


zzz・・。

zzz・・・。


あ、6時だ( ̄Θ ̄;)


しまった。


寝すぎた・・・。


そして、むっくり起き上がり

早朝の暴走バスに乗って

寝ぼけながら帰るLiccaなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

飲み会続き

昨夜に引き続き、出歩いています。

近々帰国する人が数人いて、

帰国前に会っとこうっていう会。


今日は、チャイナタウンの近くにあるタイ料理のお店に行って、その後パブへ。


金曜の夜なので、人が多くて、なんとかイスを集めて座る。

しばらくすると、違うグループが私たちのすぐ側に座った。


そのうち1人のTシャツに


「JAPAN」


って書いてあったので、良く見てみると


さらに、その下に


「招待状侍」


( ̄Θ ̄;) ?と、書いてあった。


はて・・・?


私たちが見てたので、その人が話しかけてきた。


その意味を教えてって言われたので、


「意味が良く分からないけど・・・。

「招待状侍」って書いてあるよ」

って言うと、

なんか知らんけど、

すごく喜んでたので、ま、いいたい( ̄Θ ̄;)


見た目おしゃれで

人当たりの良い男の人だったけど、

話す素振りは、めっちゃゲイっぽくて

(いや、間違えない)

すっごい、カワイかった(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

☆決定☆

ついに、帰国日を決定しました☆


8月21日にロンドンを発ち

8月22日に日本着です。

ヾ(TωT。)


1年という期限付きだし、

現実的に帰らないといけないから

余計に「もうちょっといたい」って思うんだろうけど


これが、こっちでずっと暮らすとなると、

今度は日本に帰りたくて仕方なくなるんだろうね。


学生ビザだけど、

現地企業で働く方に重点を置いていたので

バイト探しも、始めは

歩いて歩いて、CV(履歴書)配りまくって、

半年経って、やっとここで働かせてもらえるチャンスをもらえて。


そして今、ようやく仕事にも

コミュニケーションにも慣れて来たのに、


やっとスタート地点に立ったと思った頃に

帰らないといけない・・・。

それが惜しい・・・。


でも1年で、自分としては、できる限り一生懸命やってきたつもりなので

「もっと、ああしとけば良かった」

と、いう後悔は全くありません。


いつか自分の子供に語れる武勇伝が増えたわ(o^-^o)

(ワタシ、やっぱ男の子に生まれるべきだった?)


ホント、1年ってあっと言う間だね!


帰国してからの事は、これからまた考えていきます。


とりあえず、8月22日には、

テポドンに打ち落とされない限り

我が母国へ帰りますので、

それまで、これ以上虫歯が悪化しないことを祈っていてください( ̄Θ ̄;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

チューブの中で

バイト帰りのチューブの中で、隣に座ってた人。

見た目、普通のサラリーマン。


ウォークマン聴いてた彼は、

1人なのにすっごく楽しそうだった。


ちょっと手を動かした時に

私のひじが当たってしまったので


「あ、すみません」


って、言ったら、

全く聞こえなかったらしく

わざわざウォークマン外して、


「どうかしました?」って

まともに返事されてしまった。


「いいえ、ちょっと当たっちゃったんで・・・」

って、言うと

なにやら、幸せモードに戻り


「それなら良かった(o^-^o)

あなた、今、良い人生送ってる??」


と、突然「人生」の話をされた。


「(゚∇゚ ;)エッ!?」と思って、とっさに


「まぁ、そこそこに・・・。」

って答えると


「人生は楽しんでいこう~♪♪」


って言われた。


一瞬の出来事だったけど、なんだか面白い瞬間だった。


良い人生ねぇ・・・。

突然振られると、びっくりするわ。


でも、こんだけ好きなようにさせてもらってて

なんでそこで


「うん♪(o^∇^o)」


って言えないんだろう・・・。


みんな、良い人生送ってる??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

敗者復活

昔、良く履いていたスカートがある。

大学時代、大阪旅行へ行った際に購入した。

軽いミリタリー調の、カーキのロングスカート。


全く履かなくなったので、捨てよう、捨てよう、と思ったままこっちに来てしまった。

ロンドンに来た時、

「あ、あれが使えるかも!」と、思い出したので

母親に言って送ってもらった。


10年前に購入した、そのスカート。

完璧にタンスの中で爆睡中だったのに

ここで履くと、意外と好評で驚いた。


ロンドンではまだ通用するらしい。


その、

10年前のスカートを履いて

10年来のお友達、Mちゃんと

今日は、バイト前に市内をウロウロした。


大学のクラスメイトだったMちゃんは、このスカートを良く知っている。

「このスカート、懐かしいやろ~。日本じゃ履けんけど、意外とここでは使えるんよね~。」ってな話をしてたら


今日、すれ違いざまに歩いてきた女性に


「いいスカートね☆」


と、誉められたりして2人して笑ってしまった。


10年サイクルで、ハヤリが戻ったのか。


ハヤリに振り回されないので

10年前のスカートでも通用するのか。


ま、別にハヤってた服でもないんだけど( ̄Θ ̄;)


こんな、古いスカートなのに、みんな「ステキね」って言ってくれるので、逆にこっちが驚いちゃう。


ゴミ箱寸前から、敗者復活したスカート君。

日本じゃ時代遅れかもしれないけど、

ここでは立派に花を咲かせれます☆


きっと、キミは、今とっても鼻高々だね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

おひさしぶり♪

こんにちは☆

最近、なんかとっても忙しくて

ブログを書く余裕がなくなってしまいました。

まだれからもバタバタが続きそうなので

また停滞しちゃうかもしれません。

なので、一言だけ。


昨日の、ワールド・カップ

ジダンのヘディングは、一体・・ナニガオコッタノ ( ̄Θ ̄;)?


ま、一緒に観戦してた周りの人たちは

すっごい興奮してなんか大喜びだったけどね( ̄▽ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

一年前の今日

テロが起こった。


渡英してようやく1ヶ月が過ぎた頃。


今日、ロンドンでは、追悼の行事が行われたり

12時から、ビッグベンの鐘の音と共に

犠牲者を偲んで、2分間の黙祷が行われた。


私は、早朝からバイトで、異常なまでに慌しい日だったので、外の動きに全然気づかなかったのだけど

確か、テロの起こった一週間後、

同じように街が、黙祷の時間を取ったのを覚えている。


授業が終わって、外に出ると12時


いつもは、人や、バスや、車でひしめき合っている道が

突如、ピタリと動きを止め

騒々しい世界が一瞬にして、静かになった。


今日行われた、黙祷のニュースを見てると

チューブの駅、公園、ウィンブルドンの会場等

たくさんの場所で行われた映像が映っていた。


「イスラム教徒の8人に1人が、テロは正当だったと考えている」

という記事も目にしたけれど、

イスラム教のある施設でも、黙祷の時間を取っている映像が映っていた。


テロは本当に恐ろしい。


あの日は、1日中、ニュースにクギ付けだった。

やっぱりしばらくは、乗り物に乗るのが怖かった。


2階建てバスも、テロの後は

2階には、中東系の男性だけが座っていて

1階には、人がひしめいているというような状況もあったらしい。


私も、大きな荷物を持っている人を見ると、やっぱり警戒した。


普通に何気なく過ごしている時間が

一瞬にして、突然終わるかもしれない。


今乗っている、このバスが


突然、爆発するかもしれない。


死ぬかもしれない。


やっぱり不安はあった。


誰も、「起こるわけないじゃん」

なんて言えない状況だったし。

誰が巻き込まれてもおかしくないし。


そんなことを感じながら過ごした。


だからなのかは分からないけど、


段々、細かい事や捕われている事が、どうでも良くなって


「どうしたい、何がしたい」よりも、


「大切なのものは何なのか」


そっちの方に、もっと意識を向けるようになった気がする。

 

ところで、最近、某雑誌で行われた


「世界35都市の礼儀正しさ調査」で


ニューヨークが市民が一番になったそうだ。


それまでは、ぶっきらぼうで知られていたのに

テロ以来、人生のはかなさを思い知り、人に親切になったと見られている。と。


なんだか、何が言いたいのか分からない、

まとまりのない文になってしまったけど

テロの事を思い返しながら、色んなことを考えた日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

ウィンブルドン

いや~、今日はロンドン市内を

タテにヨコに、動きましたー。

なんだかずっと乗り物に乗ってる気がしたので

ちょっと考えてみたら、計6時間も乗ってました。


すごいわ、これ( ̄Θ ̄;)。


6時間もあればさ、

鈍行列車に乗っても、

福岡から広島のお好み焼き

食べに行けちゃうんじゃない?これ?


ま、お好み焼きはいいとして


友達のMちゃんが、日本からやってきたので

ヒースロー空港までお迎え♪


彼女のステイ先は

まさに今、ホットな地域


ウィンブルドン!なの。


北に住むLiccaの真逆なんです。

だから、今まであえて足を運ぶようなことがなかったんだけど、

今回始めて、まともにウィンブルドンに行ってきました。


いや~、ホント、これが同じロンドンかって思うくらい

やっぱり品がよろしい感じ。


調度、ウィンブルドンのテニスやってるしね。

いいタイミングだった♪


実は、元テニス部だった私たちなので


「ウィンブルドン」という言葉から


「そう言えば、テニスやってた~♪」

「あ、私も~♪」


と、一応テニスに関する話を

たったのそれっぽっちだけやって

再びガールズ・トークに戻る。


テニス観戦好きな人が、この時期に来たらたまんないだろうねぇ。


フラットの人の話では、

シャラポワとか、有名人とかが

ジョギングしてたり、歩いたりしてるんだって。

もうすぐ試合終わっちゃうけど。


昨日は着いたのが遅かったので、

すぐ日が暮れてしまって動けなかったけど

彼女がいる間に、私も一緒にウィンブルドン探検だ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

北朝鮮ミサイル!!

恐ろしい・・・。

ミサイル発射されましたね・・・。

5発!


ニュースを見て、かなり心拍数が上がってます。


今の「平和」って、

実は、針のひと刺しで、一瞬にして壊れてしまうような

アンバランスなものなんじゃないかと、不安になってしまう。


引き続き色んな情報見てみよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 4日 (火)

続く真夏日

街を歩いているのは、

キャミソールにスカート

そして、なぜか足だけビーチサンダルの女性たち。


上はオシャレに、足はビーサン。

そのスタイルって日本でも流行ってるんだろうか。。。


なんだか分からんが、

とにかくビーチの格好の人が多い。


日本では、ブラの肩紐が見えたりすると

一生懸命隠してたけど


ここでは、みんな


夏のブラ=水着のトップ


程度に考えている気がする。

 

見せ放題。


谷間もあわせて見せ放題。


でも、あんまりやらしくないのは

なんでだろうね。。。


見慣れたか( ̄Θ ̄;)?


暑い日が続いてるので、地下鉄の改札口にも


「脱水症状の予防のため、水を常備しましょう」


っていう、ポスターが貼ってあるの。

電車が止っちゃったり、缶詰になることもあるらしいしね。


水の携帯しとかないと( ̄へ ̄)!


でもさ。


地下鉄の初乗りって、


ゾーン①で約600円よ。


高すぎやん・・・。


そんだけ払ってるんだから


脱水症状が云々っていう警告出す前に、


クーラー付けて!!


って、感じ。


ナショナル・レールを使っている友達は

本当にイライラしてしょうがないらしい。


暑いし、遅延ばかりだし、乗ったまま止るし。


そういうことで、待ち合わせした友達と

明るくロンドンの交通機関の文句を言いながら

サマー・セールに行ってきました♪


あ、そうそう。

ちなみに、ワールド・カップのイングランド戦の日。

お陰さまで、ストはなかったみたいだけど

「工事中」

「点検中」

「故障」がいっぱいで

使えない駅が多くって(; ̄Д ̄)!

週末だからだったのかもしれないけど。


お陰で散々な目に合いましたよ(ー'`ー;)

 

オリンピックに向けての準備で

ホントにそうなのかもしれないけどさ。


やっぱり、


あやしい・・・(¬_¬) →→→


と、思ってしまった私なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

助かった~♪

あ~ (* ̄∇ ̄*) ホクホク♪

文明のある生活ってスバラシイ☆


やっぱり、お風呂は温かくないとね♪


結局、大家さんの知人が見に来てくれたんだけど

修理できなくて、

今日、ついに業者さんを呼ぶことになりました。


大家さんは、手を打つのが早いので

住人としては、とっても助かります☆


今回の業者さんは、良心的だったらしく

1万円くらいですんだらしい♪


£2000(40万円)の話はいずこへ( ̄Θ ̄;)?

ま、最悪その位高いってことだったのかな。


Anyway!!


いや~、今日もまた現代文明の素晴らしさを確認しましたよ。

ま、たまには、不都合を経験するのもいいことだよね。

キャンプしてみたりさー。

文明から遠ざかって、普段は当たり前にできる事が

できない!っていう経験してみたりね。

色んなことを再発見して、感謝する気持ちも起こるし。


・・・。

 
でも、やっぱ夏の日のコレはもういいかな( ̄Θ ̄;)。


水シャワーは、学生時代の水泳の授業で十分だわ。


と、言うわけで


今回学んだ事。


水のシャワーは、浴びた後に

体がポカポカするらしい。


以 上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

歯医者さん

歯医者さんに行くのがキライだ。


痛いから、って言うのもあるけど

虫歯の治療をすると、Liccaの場合

なぜか、とても罪悪感を感じてしまう。


なんでかは分からないけど、

ごめんなさい(TωT。)!って感じ。


そして、二度とこの歯が元に戻らないと思うと

突然、すごく哀しくなるの。


その後はいつも、

二度と虫歯は作らない!!

って誓うのよ。


歯磨きは、大好き☆


昨年、クラブに行った時、


「キミの歯、とってもきれいだね☆

一緒に踊らない?」


と、妙な誘われ方をした。


「歯」かい( ̄Θ ̄;) !って感じだったけど


ま、努力の成果が認められた気がして

悪い気はしなかった(笑)


 
そう、だから歯にはとても気をつけてるつもり。

ここに来る前も、

イングランドは歯医者の保険が利かないから、

親知らずまで抜いて、完璧に治療してきた。


それなのに・・・。


それは、昨年の夏の事でした。


銀歯が・・・消えた(゚∇゚ ;)エッ!?


そう。

それは、忽然と姿を消し、

後に残ったのは、穴だけ。。。


それから注意して磨いてきたんだけどね

どうもさすがにちょっと気になってきて。


昨日、友達のバーベキューに参加した時

来てた日本人の人にそんな話をしたら


「知ってる?虫歯でも死ぬんだよ。

高いけど、絶対早く行った方がいいよ!」


・・・( ̄▽ ̄;)!!

と、言われ。


ねぇ、ねぇ、それってホントなん・・・?


とりあえず、今は常に歯ブラシセットを常備して、

涙を流しながら、痺れるほど刺激的なリステリンも使って

できるだけ、進行をストップさせてるんだけど。


あと、2ヶ月弱。


帰国まで待つべきか。。。。


ここで行くべきか。。。


あぁ・・・(TωT。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

日本の常識 世界の非常識

だれか・・・。


お湯くれ。


お湯を出しくれ~(TωT。)!


Liccaの住んでいる家、

お風呂がタンク式なので、お湯が尽きたら水しか出ない話は以前にもしました。


・・・が、


違う。


全く出ないの!


えぇ。

この夏の最中に、ボイラーがぶっ壊れまして(; ̄Д ̄)


日本じゃありえないよ!


ボイラーを着火させようとトライしたけど

うんともすんとも言わない。


修理費用は、40万円。


大家さんとしては、なんとしてでも自力で修理したいのだ。


年に1度くらい起こるらしく、こんな時は

知人が修理してくれるらしいけど

その人はどうやら週末どこかにでかけてるらしい。


つまり、月曜まで待たないといけない。


そこで大家さんの提案


「近くのプールに行くか

友達の家のシャワーを借りてもらうのはどう?」
 
 

え~っと、競泳用の水着なんて持ってません。

しかも、プールはバスで30分くらいかかります。

友達の家も、一番近い人で、1時間はかかります。


<結論>

ム リ


ってなわけで、


  「水」


髪の毛だけは、ポットのお湯を運ぼう。。。

ほそぼそ。。(-_-)。。。


あ~、おしん、おしん。耐えねば。


お湯~、お湯がほし~い!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »