« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

日本からのお客さん

お店に日本人のお客さんがどーっと来た。

学校の研修旅行らしい。


Liccaが日本人だと分かると


「あ~!!日本人だ~!」


そんなん、珍しくありませんがな( ̄Θ ̄;)


日本人の女の子達が来ると

なんだか恥ずかしくなるのはなんでだろ・・・。

 
①化粧が薄い
→いつも通り

②髪の毛がテキトー
→伸びてきたからねー。

③履いていた靴下が服と全く合ってなかった
→1日中気になってた。かなり。


みんなコギレイでね~。

隠れたくなっちゃうわ。


卒業後ロンドン留学を考えてると言う子がいて、ビザの事とか色々聞きかれたので、教えてあげていた。


「日本で働いて、辞めてから来る人も多いよ~。

学生ビザだとバイトしかできないけど、
みんなそうやって頑張ってるの。

就労ビザは、簡単に取れないしね。


日本で人事関係とかやってて、

こっちでバイト生活してる人とか、いるよ~。」


「え゛っ!そうなんですか~Σ(゚д゚;) !!」


そんなに驚かなくたって。


いるじゃん・・・


アナタの目の前に。。。( ̄Θ ̄;)


そりゃー、華の留学生活を送ってる人もいるけどね

自分で稼いだお金で来てる人は、大抵

こうやって「出稼ぎ」しながらなんとかやってるのです。


留学=バラ色

よりも、むしろ

留学=シビアな現実

こちらの方がしっくり。


ともあれ、

その子は英会話教室の安くていいトコを探していたので、Liccaの行ってた所を教えてあげて。

喜んで帰ってくれました☆


20歳前後だろうなぁ。

ちゃんと目標持ってるっていいね~。

ガンバレ~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

365日目

昨年の今日です、ロンドンへ発ちました。

今頃飛行機の中かな~。


1年って本当に一瞬。


でも、私にとってこの1年は、すっごい濃くて長い。


ただ、この1年で何を達成したかって言われると

答えられない・・・( ̄Θ ̄;)ムムム。

 

イギリス行きを悩んでる時に言われた一言

「人は死ぬ時に、色んな思い出を思い出せる方が良いじゃない」

by 母上


うちの母親、先立つものがないのに

背中だけは、いつも勢い良く押してくれる( ̄Θ ̄;)

ま、そのお陰で、私はいつもたくさんの思い出を作らせてもらえるんだけどね。


日本に帰ったら、この1年って夢見てたような気がするんだろうな。


毎日のように新しい出会いがあったり

自分の知らない世界で生きている人たちと話して、
異なる視点がたくさんあることに気づいたり

見たことのない景色を見て感動したり


そうやって、毎日色んな何かを感じながら過ごしてたからかな。


それも「1年」という限られた期間が

余計にそうさせるんだろうね。


長く住んだら、きっとたくさんアラが見えてくるんだろうし。


もちろん、楽しい事ばかりじゃなかったけどね。


そうそう。

この間、チェルシー・フラワー・ショーのことをネットで見てたら、

日本人でゴールドをもらった人のブログに辿り着いたの。


その人の言葉(ブログは直筆)


「僕は、ほんとうに大切な事、

それは思い出だと思います。

はしれば走るほど人とぶつかりいろんな事がある。

だけど時間がたてばまた、それも思い出にかわり

その思い出を思い出しながら、生きていくパワーに変えて

そして、そしてほんとうに大切なものは、

土地やお金やそんなもんじゃなく、

ポケットに入るだけの宝物があれば生きていける気がします」


1年間の思い出は、ポケットいっぱい。


人生は山も谷もあるだろうから

嫌だけど、良いことばかり続くなんてないと思う。

いつかとんでもない事が起こるかもしれない。


それでも、自分の中に残った思い出だけは、

磨り減ることなく、ずっと私を支えてくれるはず。

これってすごい心強いことだよね。


そして

いつも応援してくれるみんな、本当にありがとう!

こんなに好きなことば~っかやってるのに、

「待ってるよ」って言ってくれる友達がいてくれる事に、
ホントに感謝してます。


そして

Licca銀行倒産後、

今や母銀行の不良債権と化した私を

それでも応援してくれる母上殿。

感謝!!

パンパン(合掌)!!


ち、ちゃんと返しますから~C= C= ┌(;・ω・)┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

バスの行方

バイト帰りに見かけました。

旧型2階建てバスのリサイクル

1484880_img

行き先のトコ。

「Just Married」(結婚しました)

結婚式で誰かが使うのね~。

おもしろそ~♪


この型のバスは殆ど廃盤になって、

今は大体ドア付きの2階建てバスが主流なんだけど

これからは、2階建て自体がなくなって、1階建てに移行していくらしい。

1_1


実はずっと不思議だったんだけどね。


この1階建てバスって、ドアが3箇所あって、どこからでも乗り降りできるの。

ってことは、

一番前から乗らなければ、

余裕で無賃乗車が出来る。


もちろんLiccaは定期があるから無賃乗車しないけど


なんだこのバス( ̄Θ ̄;)?

払ってる人がバカ見るじゃん

って思ってたのよね。


そしたら、やっぱり最近記事になってた。


路線バスの無賃乗車


1日20万人( ̄□ ̄;)!!

いちにちだよ、1日!


年間損失60億円 だってさ( ̄Θ ̄;)

新型バスの無賃乗車率は、2階建てバスの2倍らしい。


しかも、1階建てのバスって連結になってるから

道路上ではスペースが2階建ての倍。

ただでさえ交通渋滞が多いのに

さらに全部のバスが倍のスペース取ったら、

渋滞も倍じゃないのか( ̄Θ ̄;) ?

と思ってしまうLiccaは単純すぎ?


でも、当然メリットの方が大きいからやってるはずよね。


バリアフリー政策の一環ということだけど

2階建ても車椅子の人たちが乗り降りできるようになってる。

スペースをもっと増やすってことなんだろか・・・。

無賃乗車対策として、検査官を設置する案が出てるらしい。

でも、全部のバスに検査官を乗せたら一体何人いるの?

次は人件費とかの問題が出てくるんじゃ?


ん~・・・。


ま、何かを変えるということは、色んな角度から物を見ないといけないから、きっと難しいんだろうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

手巻き寿司だ☆

Cちゃんのフラットで手巻き寿司☆


1人だと、日本食材を集めて

何かをするのは中々難しいけど

人数が集まれば色々できるね☆


生魚こそ食べれないけど

スモークサーモンやカニかま、

アボカドやシーチキン使って

十分贅沢なお寿司になりました☆


いつぶりだろう?

納豆とか食べたの( ̄Θ ̄;)


やっぱりおいしー♪♪


日本食って本当にヘルシーで、

素晴らしいわ☆


だってね、

日本じゃ


「1日30品目」


が理想でしょ?


でも、ここで野菜を買うと、その袋に


「1日に最低5種類の野菜か果物を食べましょう」


って書いてあるの。

しかも、


生、冷凍、缶入り、ジュース、なんでも可


違うよねー、基準が。


それくらいなら多少不摂生してても

日本人なら軽くクリアできそう


朝、具沢山のお味噌汁飲んだら
それだけで3つ位はいけるだろうし。


5種類位の野菜ミックスジュースでも

・・・合格( ̄Θ ̄;)?


しかし、

極力野菜を多く取るようにして、自炊してるのに

やっぱり太るのは

・・・なんでだ?


海藻とかの量が圧倒的に減ったからかなぁ。


豆腐とか高いから、代わりに

モッツアレラチーズとか食べてるからいけないんだろうか・・・。

だって金額は豆腐の半分以下。


もっと軽いタッチの

「ところてん」

とか

「もずく」

とかが、こっちの生活に浸透してたらいいのに。。。


ヘルシーで手軽な食べ物。

なんかないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

チェルシー・フラワー・ショー

フローリストを目指している友達に会いに

チェルシー・フラワー・ショーに行ってきました。

1484862_img


残念な事に、天気が悪く、あまりゆっくり見れなかったの。

最近は雨が多くて、珍しく傘を持ち歩いてる日々。

いつも傘をさすまでもない程度なので

意外と傘を持ち歩かなかったりするんだけど

・・・なんだろう、梅雨かな?


そう。

だから、フラワーアレンジメントとかの中の展示は結構見れたんだけど

1484844_img

お庭ゾーンが・・・。


広~い敷地の中で、ガーデナーさんたちが1ヶ月前から準備にかかり、
自分のイメージのお庭を作り上げる。


すごいね~、ホントに。


庭を使って、いかに心身共に快適な生活をするか?
って感じ。

1484840_img_1


書斎や居間があるように、「庭も部屋のうち」位の感覚なのかなぁ。


「お庭」=「癒しの部屋」みたいな。


分かんないけど、Liccaの目には、そう映りました。


お庭に置くオブジェやイス、テーブルはもちろん、

庭用のモダンなクッキングブースがあったり

小さなティールームまである。


いいな~♪Liccaも自分用の小さいティールームがお庭に欲しいなぁ。

天気が良い日にお庭に出て、のんびりする場所。

あ~、いいなぁ(*´∇`*)

1484854_img_2


バーベキューとかできたりして☆

キッチンもあったりすると、みんなで集まってパーティーとかできて☆

大きなテーブルを芝生の上に置いて、空の下でみんなで宴会☆☆


コレ、最高!!


・・・何十年働き続けたらできる( ̄Θ ̄;)?


いいの、夢よ、夢☆


でも、ちょっとガーデニングのイメージが変わりました。


ここで色々購入できるようになっていて、自分の庭にどんな花や樹、オブジェが合うかを見に来て、買っていってるみたい。

種類が豊富すぎて、もう何がなんだか・・・。

1484860_img

まるでカタログショッピングの実際版みたいな感じ。

お花好きにはたまりませんな(o^-^o)


帰りは、雨の中、みんな両手一杯に花や鉢植えを抱えて帰っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月25日 (木)

睡眠のススメ

先日授業で新聞の切り抜きが配られた。


「睡眠時間と肥満の関係」∑(=゚ω゚=;) ?


どうやら、最近の研究結果では

睡眠不足だと肥満傾向にあり

睡眠をきちんと取ると痩せられるらしい。


へぇ~知らなかった(o・。・o)


理想的には、7~9時間


睡眠不足だと食欲が増すホルモンが出てくるらしい・・・。


おそろし~・・・( ̄Θ ̄;)


お肌のためにも、ダイエットのためにも

やっぱり0時前就寝がよろしいようで・・・。


あ、あと5分しかない・・・。


じゃ、ダイエット頑張りますということで

寝よ♪♪


おやすみ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

あと2日

Licca的、ロシア人のイメージは、クールでニヒル。

だったのは、過去の話。


クラスメイトのロシア人、A

これが、よくしゃべるんだ( ̄▽ ̄;)!

口に「おしゃべり禁止」マスク付けてやりたい程。


今日も、

「し~っ(・3・)!」

「静かに~(* ̄3 ̄)!」

「ハイッ!分かった!もうそこまでZ(`Д´Z) !!」


何度言ったことか・・・(-"-;)。


小学生みたいな、中年のおっちゃん。


背中のどっかにチャックがあって、
中から「志村ケン」が出てきそうな勢い。


「オヤジギャグ」にかなり近いものを連発する。


しかし、「オヤジギャグ」に意外と弱いLiccaは、悔しいけれど笑ってしまうε=(>ε<)

くぅ~毎日負けてる・・・(TωT。)。


今日も、3人で短い文章を作らないといけなかったのに

余計な事ば~っかり話して、何度言っても肝心の文章を作らない。

なので、Liccaともう1人のTとで作った。


「今まで一度も~したことがない」

→「私は、今まで一度も、A ほど良くしゃべる人に出会ったことがない。」


「○○の(手段が)全くない」

→「T君には、Aの話しを止めさせる手段が全くない」


へへへ~!どうだ~( ̄∀ ̄*)v

しかし、Aは大喜び・・・。

こらー!喜ぶな~!!


ふぅ・・・。


休憩中に、前から気になってたので、ズバリ彼に聞いてみた。


ねぇねぇ、Aって何歳なの(o・。・o)?


他の友達も気になってたみたいで、みんなでその話。


「俺、年上に見られるんだけどさ~

って言うのがね、ロシアに中華料理のお店があって・・・(続)」


・・・長~いっ!!


分かった。中華料理はいいから、で、何歳?

 
 
「・・・30歳。」


・・・・・。


(o^-^o)

冗談はいいから、早く教えてくれる?

40歳前半くらいだよね?

 

「あ、違う、まだ29歳」

・・・ウソやん。。。


うそや~んッΣ(・o・;) !!!


絶対信じない、ちょっと何でもいいからID見せて!


無理やりもぎ取るLicca。


・・・ギャーーッ!!


お、、同い年~っ!!(ToT)!!


 
ギャグばっかり言ってる、中年のおっちゃんだと思ってたのに。。。


ガーン。。同い年。。。同い年。。。


他の友達が、引き続きみんなに年齢聞きまくる。


そしたら、Liccaの両隣(AとT)は、ほぼ同年齢だと判明。


友達に、「お~!そこ3人オールド!(爆笑)」
と言われ。


お、オールド・・・(ToT)!!!


他にもっと柔らかい表現はないのかっ?!


はぁ。。。


しかし、こんな楽しいクラスメイトたちとも

あさってでお別れ。


Liccaのコースが終わっちゃうんだ。

学校が終わるのっていつも寂しい。


このおっちゃんのおしゃべりも、あさっての話をする先生も、会えなくなると思うと寂しいなぁ☆(TωT。)


あと2日かぁ。。。


明日も、気合入れて

おしゃべり注意しますかね(o^-^o) ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

地球の裏側

昨日友達と日本食レストランへ行きました。

彼女の母国は、セルビア・モンテネグロ

つい2日前に、国民投票の結果、


モンテネグロの独立賛成が、可決基準の

55%を僅かに超えて55.5%に達し、

独立がほぼ決定した国。


たった0.5%の差


Liccaの目の前にいる、この友達は

近々国が分裂するわけ。


自分だったらどう( ̄Θ ̄;) ?


長い協議の末とは言え

突然、今日

「国民投票の結果、九州が独立国家になることが決定しました」

みたいなことになっちゃったら。


Liccaの母国は、これから

「I'm from キュウシュウ」・・・( ̄Θ ̄;)?!

言語は「博多弁」??


・・・・。

 

高校生の頃、よくニュースになっていたユーゴスラビア


「あなたたちは平和が当たり前だけど

地球の裏側では戦争をしているんだ」


っていう先生の話は、全く別世界のことにしか聞こえなかった。


その時、その裏側でまさに生きてきた人が

今、目の前にいる。。。


人を知ると世界は無限大だと感じるけれど

こんな時、世界は意外と小さいのかも

と、思ったりする。


 
日本にいたら、知識として知ってはいても

全く実感なかっただろうけど

彼女のお陰で、私はまたその国を、

そして世界の動きを見ることが出来る。


そして、こんな話の時は、いつもここにたどり着く。


「普通」は「普通ではない」んだと。


日本こそ特異な国なんだろうと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

クラシックを聴こう!

大家さんが、クラシックを聴きに連れて行ってくれました

1474786_img


近くに、ワールドクラスの演奏者を集めて、
破格で聴かせてくれる場所が出来たらしい。

芸術鑑賞が大好きな大家さんは、週に2~3回は
観劇や映画、音楽を聴きに出かける。

その大家さんのお墨付き。


会場はとっても狭く、40人位でもういっぱい。

なので、演奏者はすぐそこでした。

今日は、モーツアルトを中心にした弦楽器の演奏。

・バイオリン 2人
・チェロ    1人
・ビオラ    1人
・クラリネット 1人

の計5人。

合奏もあり、ソロもあり。


「バイオリンがこんな風に演奏されるの?」


って驚く程、

指で弾いたり、口笛が入ったり、

テンポの良い、コメディーな曲もありました。
(ちゃんと作曲家が作ってる曲です)


とてもアットホームで、演奏者は演奏前に曲の解説をしてくれました。

まだ改装中らしいけど、この地域で活躍している画家の絵画を飾るなどして、ここのエリアに住む人たちの芸術と憩いの場にするのが目的だとか。


生演奏は日本でも何度か聴きに行ったけど
こんなに間近なのは初めて。

ワールドクラスって言われても、

その違いが分かるんだろうか?

って思ってたけど

やっぱり、すごかった!
 


音楽が、耳ではなく、

体に浸透して通り抜ける感じ。


「気持ちがいい!!」


この一言に尽きます。


「調和する」って

なんでこんなに気持ちが良いんだろう?


こういう時って、私は自然と目をつぶってしまう。


音楽の抑揚に、気持ちも体も流れていく感じ。


気が付くと、ホントに体が揺れてたりする(笑)

おっと、いけない( ̄Θ ̄;)・・・ 。我に返り。


ピアノを習ってる時もそうだった。

音楽との一体感を「ジーン」と感じると、こうなる。

どんなに簡単な曲でも、自分の世界に入り込むとそう。

弾いている自分の感情と、耳から入る音が重なって

一体になって流れる時、とても気持ちがいい。


まるで自分が演奏してるような

そんな気分を思い出した。
(言うまでもなく、技術は天と地です。)


やっぱり「芸術」が近くにあるっていいなぁ。

 
とってもステキな夜でした☆

大家さん、ありがとうございます!!
 

もう指動かないだろうけど

なんだか今、とてもピアノが弾きたくなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

そろそろヤバイ・・・。

「早めに準備する」って、

みなさん得意ですか?


こんな質問するくらいなので

Liccaはニガテです。


「しっかりしてるね~」って、

なぜかよく言ってもらったりするけど


実はそれはウソです( ̄∀ ̄*)イヒッ!

・・・。


きゃ~!!

もう、早く飛行機のチケット取らないと、帰りの飛行機取れなくなっちゃうジャン!!

ど~しよ~!ど~しよ~(;・ω・)オロオロ!


でも、そのためには、まず・・・


あ~、就職活動考えないと(;・ω・)!

「就職活動=自分探し」じゃん!

時間かかるってば~!!


あ~、どこに住むかも考えないと!

あ~、バイトもどうするか考えないと!


あ゛~(;・ω・)!


あ゛~(TωT。)!


あ゛~(ToT)!


・・・。


よし。


まずは寝る(-_-)Zzz。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

笑顔力

Kings Roadにあるお店にヘルプに行きました。

この会社の発祥地、チェルシーです。


どういう所かと言いますと・・・

女性の好きそうな、おしゃれなお店が

広くない道の両側を挟んで、ずーーっと並んでて、中々ハイソな通り。

女性同士のウィンドーショッピングに、

と~ってもナイスでございます( ̄∀ ̄*)


そう、そこに行きました。


クリスマスの時期にも一度手伝いに行ったので

マネージャーが覚えててくれました☆


何も分からなかったあの時とは違って、

動けるようになった自分がいて、ちょっと嬉しい☆


今日は、新しいスタッフがいました。


彼女は、前までビラ配りのバイトをしてたんだって。


「前はこの通りで、ビラ配りやってたの。

いつもやってたから、この通りで働いてる人と顔見知りになって。

よく「元気~?今日はどう~(o^-^o) ?」って話したりしてたの。


で、ここのマネージャーとも話すようになったんだけど。

ある時、ここのマネージャーに


「どうしてあなたは、ビラ配り程度の事を、

そんなにいつも笑顔でできるの?

みんなもらってくれないし、嫌にならない?」


って言われたの。


私はね、いつも父親に


「どんな仕事でも、喜びをもってやりなさい。

それが、掃除の仕事でも、ビラ配りであっても。」


って言われてたから。


で、ある日、またいつものようにビラ配りしてたら、

私の所にマネージャーがやって来て


「私と一緒に働かない?」


って言ってくれて。

で、その2日後には、ここで働かせてもらえるようになったんだ(o^-^o) 」


・・・すごい!!


運も、もちろんあったんだろうけど。
 


笑顔の力。

笑顔で仕事ができる力。

それって、やっぱりその人の中からしか出てこない。

楽しみながらやってる人には、人を惹きつける力があるんだろうな。


やっぱり仕事は

「何をやるか」も大事だけれど、


「どうやるか」がもっと大切なんだなぁ。


今日も、また1つお勉強させて頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

「Les Miserables」

ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観てきました☆

前日にチケットを取ったので、一番前の席♪


ステージが近すぎるという理由で、金額が低くなってたのですが

ほんの少しだけ(役者さんの足もとだけ若干)見難い位で、問題なし!


なにせ迫力がスゴイし、衝撃が違いました!!


やっぱり、Liccaは前で観るのが好き♪♪


ステージの前に、オーケストラの席があり

その横(前とも言える)に座る席だったので、音楽も臨場感もばっちりでした☆


ストーリーは、ご存知


妹の子供にあげるために、パンを盗んだ罪で投獄されたジャン・バルジャン

彼をとりまく周りの人たちの生き方や、彼の人生。


歴史的な背景や、それぞれの人の生き方、立場、思い・・・


一言で「感動した」


で、終わるには、あまりにも重たい内容でした。


終わっても、言葉が・・・デナイ。

表現できる言葉を持ってナイ・・・(TωT。)。


長編だし、英語の歌で話が進むので、着いていくのが大変でしたが

演技力、歌唱力、音楽、舞台の展開等

どれもこれも素晴らしい作品でした☆


「レ・ミゼ」の本は、ずっと昔から気になってる本の1つ

本屋さんで手に取っては、その分厚さにヤル気を失い

結局、読まないまま今日に至る。。。


やっぱり読んどくんだったなぁ(TωT。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

☆ニュース☆

Liccaの情報が正しければ、

今日、日本で開店したお店が1つある。


その名も


『Whittard of Chelsea』


ズバリ!


Liccaが働いている紅茶やさんです。


イギリスで1886年に創業され、紅茶の老舗の1つです。


そのお店が、日本にお店を出す事になったらしい。


しかも、日本第1号店は・・・


ズバリ!


福岡 イムズの中Σ(・o・;) !!


なんだかしら、これって一体・・・。


近すぎる・・・。とっても身近すぎる・・・。


と、言うわけで、福岡在住のそこのあなた!


今度イムズに行った時に、偵察してきてちょ(o^-^o) ♪


日本のがどんなことになってるのか、知りたくって。

では、ぜひぜひ感想送ってね~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

チョコ曜日

今日は火曜日。

バイト中にひとつ気づいた。


今日はなぜかチョコレートを買う人が多い。


Jちゃんにそれを言ったら


Jちゃん「今日って何曜日だっけ?」


今日は、火曜日だよー


Jちゃん「ん~・・・。


週末に、パブでビール飲むでしょ。


月曜は、二日酔いと仕事始めでげっそりするから


火曜日あたりから、チョコ食べたくなるんだよ~。」


Jちゃんは、冗談っぽく笑ってるけど、Liccaは納得


(o・。・o) ほぅ~☆


そう言えば、英国人はチョコ好きだったね。

週末にただ休んでるだけなのかも?!


Jちゃんに一票。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

紅茶やさんです

ご存知の通り、紅茶やさんで働いてるLicca。

あるお客さんがやって来た。


「ポーランド人の子、いる?」


スタッフの1人はポーランド人だけれど、
彼女は今、ホリデー中。

そのことを伝えると、ちょっと困っている模様。

どうやら、何か用件があったらしい。


「ポーランド」とか「スウェーデン」とか言ってたので、

スウェーデン人のマネージャーに対応してもらう。


しばらくしてお客さんが帰り、対応が終わった

マネージャーが苦笑しながら近づいてくる。


「なんで紅茶ショップにビザの話を聞きに来るの?

それは大使館でしょ~、大使館!」( ̄▽ ̄;)


ここの店は国籍を問わず人を採用しているので、

お客さんはそれを知ってて、尋ねに来たみたい。


ビザの事、詳しい人に会えるかも?って( ̄▽ ̄;)


ちなみに、Liccaにも話し掛けたそのお客さん


「ここには、中国人の子もいるのね(o^-^o) 」


・・・(ToT)またかい!


何度も言うけど、ここは紅茶やさん。


スタッフ一同、紅茶とコーヒー以外の

専門知識には自信がございません。


ビザにつきましては、直接大使館へ

お問い合せくださいませ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

戦争と平和

週末だけバイトに入るスタッフがいる。

M。

今まであまり顔を合わせる機会がなかったけど、
今日は彼女と2人だった。

とてもしっかりしてるので、お互い彼女の方が年上かと思ってたら、実は年下。

そんな話から盛り上がって、楽しくコミュニケーションを取っていた。


ふと、思い立って

「Mはどこの出身なの?」と聞いた。


そう言えば、彼女の出身地も知らなかった。


「バーマだよ」


・・・バーマ?


「え?バーマ知らないの?

日本人なのに?」


・・・日本人なのに??


「ミャンマーとも言うよ」


あ、ビルマの事か。


でも、「日本人なのに?」って

・・・どういう意味?


きょとんとしてる私に、Mは言った。


「日本は第二次世界大戦時に、ミャンマーに植民地を作った時、とてもひどい行為をしたんだよ。

レイプしたり、殺害したり。

だから、今でも年配の人で、日本人をキライな人は多いんだ。」


はっとした・・・。


さっきまで、楽しく話してたのが、急に恥ずかしくなった。


次の言葉が見つからなかった・・・。


「・・・ごめん・・・。」

とっさにそれしか出なかった。


教科書には載らない事実。


知らないことが罪になると思い知った。


「・・・ごめん。

ひどすぎるよね・・・。

それに知らないなんて、もっとひどいよね・・・。

本当に罪の意識を感じる・・・。

・・・ごめん。」


私の空気が一気に変わったのが分かったMは、


「今は日本人はとても優しいけどね。


それが戦争だよ・・・。


戦争って、そういうものだよね。」

と、笑ってくれた。


一緒に働いているスタッフは、みんな国籍が違う。

私にも、父母、祖父母、曾祖父母、と、日本人として生きてきた家族の歴史があるように

それぞれみんなが色んな歴史を背景に持ち、

その民族同士が、これまで色んな係わり方をして来たんだろう。


殺し、殺されという場面さえも。


この職場で接点を持ち、

国籍を超えて共に仕事をさせてもらえる「現在」に

本当に感謝しないといけないと思った。


歴史教科書問題や靖国参拝が度々ニュースに取り上げられている今日、

きっと、知らないといけない事実が、もっとたくさんあるんだろう。。。


彼女が、笑って一緒に働いてくれる事に

心から感謝した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

日本語教師

イギリスにいても、ロンドンだとイギリス人の友達を作るのは難しい。

日本人の女性が好きな

「ジャパセン(日本人専門)」の男の人は多いけど

日本人のカタコト英語に、貴重な時間を割いて付き合ってくれる女友達には中々出会えない。


Liccaの唯一のイギリス人女友達、Sちゃん。

彼女は、日本語を勉強しているので、Liccaが英語を教わる代わりに、彼女に日本語を教えてあげる。


今日は、お茶をしながら、Sちゃんの宿題のお手伝い。


次の文章の空欄を埋めなさい。

「雨が降って____、出かけるのをやめました。」

「この本_、友達に貸___返ってきませんでした。」


みたいな感じ。

もっと難しいのあったけど忘れちゃった。


日本人だから、埋める事は出来るけど、改めて考えると説明できない。


日本語ってすっごい難しい。


助詞ってどうやって説明するの?

難しいと言われている尊敬語とか謙譲語以前に、
当たり前に使ってる言葉の説明ができない。


結局ケース・バイ・ケースだから覚えないといけないんだろうけど。


むむむ。。。( ̄Θ ̄;)。


なので、説明はプロにお任せ☆

正確な日本語は学校で習ってもらって


Liccaは友達同士の日常会話を教えてあげる(o^-^o)


今日は「おつかれさま」と

「超カワイイ~♪」を教えてみた。

(変なものを教えるなって?!)


「おつかれさま」って、日本人なら挨拶代わりにどこでも使うのに、彼女の辞書には載ってない。

しかも、これまた説明が難しい。


「超カワイイ」はまだ良かった。

「カワイイ」を知ってる外国人は多いし。

一応、スラングだという事を一緒に伝えておく。


その後カフェから出て、辺りを一緒にブラブラ。

雑貨とか見ながら、ちょっと良いものを見つけた時


彼女はちゃんと

「チョーカワイイ!」って言ってました♪


学習☆学習

Licca先生、v( ̄∀ ̄*)vやったね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

男の子の目

どんなに近くで話してても

英語だと耳がキャッチしないのに、

なんで日本人の声なら、どんなに遠くで話してても

ちゃんと聞こえてくるんだ( ̄Θ ̄;)?

 
 
金曜の夜なので、バイトが終わってクラスメイトとパブへ。

パブが23時に閉まったら、そのまま次のバーへ流れる。


今日もバーへ行ったら、Liccaの背後から日本人の話す声が聞こえてきた。


どうやら、日本人の男女が何人か一緒に来てるらしい。


男の子の声だった。


「ねぇ、ねぇ。この中でさ~

誰か絶対1人を選ばないといけなかったら

おまえ誰がいい?」
 


あ~( ̄∀ ̄*)

グループで良くやる恋愛話のスタートね。

なつかし~、高校生みたいだねぇ。。。

 

「え~?誰かな~。そうだね~

俺だったら○○ちゃんかな」

 

お~!( ̄∀ ̄*)

すかさず答えれるキミ、実は狙ってる?!

 

「え~!マジで?

ま、カワイイけどね。

でも、あの子結構 小ジワあるじゃん・・・ 


 
 

はぁ(; ̄Д ̄)???

そんなトコまで見てるの??

この人たち?!


どんな人が話してるのかちょっと気になったけど、
化粧もあまりしなくなったLiccaに振り返る勇気はなく。


実は、女性よりも男性の目の方がシビアだったりして・・・。


おーこわ(; ̄Д ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

英語ってムズカシイ

バイト後、友達のフラットへ。

友達の婚約者はイギリス人。

彼は、日本に永く住んでいたので、イギリス人だけど日本語ペラペラ。

フラットに遊びに行った時は、いつも日頃消化不良のままになっている、英語の「?」を教えてもらっている。

日本語の細かなニュアンスが分かる人は、Liccaにとって、とても頼りになる存在。


ストレートに物を言うのはまだ簡単だけど、

細かいニュアンスの事を聞きたい時は、日本語を話さないネイティブの人だと、教えてもらう以前に、聞きたいことが正確に伝わらない。

なので、彼はLiccaの貴重な先生なのです。


その日も、いつものように消化不良事項を質問。

言語って、ホントに難しい。

だって、その日のLiccaの質問は、辞書や参考書に解答が載っていないの。

見つけきれないだけかもしれないけど、近い説明が載っていてもピンと来ない。

でも、本当に良く会話中に出てくる使い方。

だから、そんな時こそネイティブに聞くしか正確な答えが分からない・・・。


結局は、それって習うより慣れろなのかなぁ。

一体、いつになったら慣れるんだ・・・( ̄Θ ̄;)?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

移動中睡眠

最近ちょっと疲れてるんだろうか。

バスに乗るとウトウトしてしまう。

横にすると目が閉じる子供のお人形みたいに、

座ったら自動的に目が閉じるようになってきている。


始めの頃は、ドキドキで寝る所じゃなかったけど

慣れるって怖いわ( ̄Θ ̄;)


ここではバスとか電車の中で寝てる人を見かけることが殆ど無い。

やっぱりそれは警戒心からなのかな。


バイトのJちゃんとそんな話をしてたら

「何で寝るの?」

と、逆に聞き返された。


・・・だって、寝れる限りは寝たくない( ̄Θ ̄;)?

 
 
「立ったまま寝てる人もいるよ~」

って言ったら、驚き通り越してウケてる・・・。
( ̄Θ ̄;)ナゼ?


・・・日本人は疲れてるんだろうなぁ。


ここは危ないから、寝たらダメだよ~ってJちゃん。


はい、ごもっとも。


日本の平和慣れの癖が、ついつい出ちゃうわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

旅後記【イタリア】

「イタリアでは、とにかくスリに気をつけろ」
と、みんなに注意されてたけど、
最後まで何も起こらず、無事に帰れたこと。

なにより、それが一番でした。

さらにラッキーな事に、旅行中は殆ど晴れ。

ハズレが多いと聞く、ユースホステルも、トイレとシャワーが共同なだけで、きれいだし、広いし、問題ありませんでした。

いつか行ってみたいと思っていた国
そして実際に、その機会に出会えた今回の旅。


日本に帰ったら「究極の極貧生活」が、両手を広げて待っているけれど

Photo_1
~イメージ図~
(自分で書いてなんだけど、気味ワル・・・)


この時間は、Liccaの「人生」というものさしの中で

とても短いけれど、大きな一瞬。


こんな時間を持たせてもらったことだけで感謝デス☆


では、今回の旅を振り返って、ちょっとまとめてみます。

イタリアへ行かれる方には、ちょびっと役に立つかも。


「持っていけば良かったもの」

①保湿度が高い化粧水と乳液
→こふきイモ並にお肌が乾燥しました。

②携帯用ナイロンバック
→荷物は必ず増えます。

③目薬
→ローマはホコリがすごい。

④南京錠と・・・。ん!?
 

「やり残した事」

①ヴェニスの紺碧の空の下、水辺に座ってボーっとする

②夕焼けに染まるフィレンツェの景色を、ドゥーモから眺めて、ため息をつく

③同じく、夕焼けに染まるヴェッキオ橋を見て、たそがれる

④さらに同じく、夕焼けに染まるコロッセオを見て、感慨にふける


( ̄Θ ̄;)お?!
どうもLiccaは夕焼けが好きらしい。。。


「見とけば(読んどけば)良かった」

①『アマデウス』
→モーツアルトの話。ヴェニスで彼の家が見れます。

②『トロイ』
→トロイ戦争の話。

③『ベニスの商人』

④『ベニスに死す』

④『天使と悪魔』
→読み終わってなかった・・・。

その他もろもろ。

『ローマの休日』、『冷静と情熱の間』、『グラディエーター』は見といて良かった☆


「食べそこねたもの」

①パンナコッタ

②砂糖入りエスプレッソ

③ラザニア

④イカ墨パスタ

⑤ほうれん草のニョッキ

⑥カルツォーネ

⑦麦のサラダ

⑧ほっぺが落ちる魚介のパスタ
    ・
    ・
    ・
それからね、それからね
    ・
    ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

旅日記【イタリア⑥】

≪ローマ編(続)≫

1474756_img

いよいよ、今日は帰国です。

夜の便で帰るので、それまで散策。


イタリアで絶対やりたい事の1つ。


「釜で焼いた炭火焼ピッツアを食べる」


Liccaは、それをまだ果たしていませんでした。

1474742_img

カンポ・ディ・フィオーリのマーケットで、ローマの台所を見学した後

Liccaの野望(?)を果たすべく、T子ちゃんにお付き合い頂きながらピッツエリア探し。


なんでも探す時には見つからない。

時間も無いし、途方に暮れて諦めかけていた。

そんな時、ちょっと立ち寄ったお土産やさん。


おじちゃん英語通じない。

しかし、おじちゃんが最後の砦。

ダメ元で聞いてみる。


「ボーノ(美味しい) ピッツエリア」

使えるのは、その2単語とジェスチャーだけ。


するとおじちゃん、お店のすぐ裏のピッツエリアを指す。


・・・やっぱダメっぽい(TωT。)


一応、御礼を言って

期待せずに、そのピッツエリアを覗いてみると


あ゛~っ!!あった~!


釜が見える~(≧∇≦)!1474749_img

夢の釜焼きピッツアがぁ~!


おいちゃん、ぐらっちぇ、ぐらっちぇ
(* ̄3 ̄)チュッ!


しかも、この店1862年創業で、中々の老舗っぽい。


ここは、基本のマルガリータ

1474753_img


そして、カプリチョーザを頼んで半分こ。


シンプルなものほど、美味しいかどうかがはっきり分かる。


で、感動(ToT)☆☆

マルガリータ、美味し~っ!


これで心置きなく 
(ちょっとあるけど。いや、いっぱいあるけど)

帰れます~(TーT)!


最後に、ピンチョの丘に登ってローマの景色を心に刻み、空港へ。


5泊6日のイタリア旅行

無事に滞りなく終了いたしました~。


・・・と、ホットするはずだったのに、最後にトラブル。


格安飛行機なだけあって、チェックイン時に、

「機内持込の手荷物は、1人1つ」と言われてしまった。


その時、腰にはバック。手には2つのビニール袋。

そして、大きなスポーツバック。

計4つ。


預けられるようなものじゃないし、どれも中はパンパン。


どーするよ、コレ( ̄Θ ̄;) ?


で、なんか良いもの持ってないかと、バックをゴソゴソ。

すると、でかいビニール袋を発見。


そうだ!
なんかに使うかと思って、一応持ってきたんだった。


まさか、こんなとこで使うなんて( ̄Θ ̄;)


ビニールのお買い物袋に、スポーツバック以外のものを全部詰め込む。


こんなんなりました~♪
1474761_img

な、情けない・・・。

唯一の機内持込が、買い物袋かい(TーT)


ま、最後にちょっとコケましたが

深夜2時過ぎ、無事に家に着きました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

旅日記【イタリア⑤】

≪ローマ編(続)≫

1464683_img

ヴァチカン博物館の中にあるラファエロの壁画

「アテネの学堂」


今日は、ヴァチカン市国探検です。


世界最小国であり、国自体がユネスコの世界遺産

そして、キリスト教の総本山でもある。

ローマ法王の後継者を決めるコンクラーベが、昨年行われたのをテレビで見られた方も多いのでは。


1474713_img

歩いてたら、変な格好の警察を見かけたので、撮ってみました。

どうも、ここではスイスの衛兵が市を守っているみたい。


教科書に出てくるような名画や彫刻がここには詰まっています。


トロイアの神官「ラオコーン」1464676_img


とても楽しみでした。

ずっと本物を見てみたかった、ミケランジェロの「最後の審判」は

ヴァチカンの奥にある「システィーナ礼拝堂」に。

法王選挙などの重要行事で今も使用される場所なのに

礼拝堂自体は、予想に反して、特別大きくもなければ、装飾が凝っている訳でもなく。


ただ、目の前に描かれた巨大な壁画と天井画に圧倒される。


この世の終末を告げる「最後の審判」の絵の中には、

皮だけになったミケランジェロ本人の自画像も入っていました。


それが何を意味しているのか。


同じ時代に、この部屋ではミケランジェロが、
あちらの部屋ではラファエロが。

数多くの巨匠達が、ヴァチカンに集まり、作業に取り掛かってきたのだと思うと、やっぱりここは芸術の国だと実感する。


ヴァチカンをじっくり見た後は、ランチのお店探し。


観光客向けレストランが多そうな中、

食事をしてる人たちが、現地の人っぽいお店を発見。

「Lの法則」通り、店員は愛想が良い訳でなく。


ここだよね、T子ちゃん☆キラリ☆

意見一致♪


やっぱり現地の人が食べてるだけある!

おいしいっ!

今までのニョッキのイメージを覆された、ニョッキでした。


食事の後はカトリックの総本山、サン・ピエトロ大聖堂へ

4世紀に建設が始まり、数々の設計家たちの手に渡って建設が続けられてきた、巨大な大聖堂と広場。

この大聖堂の建設費用の為に、免罪符が発行され、そして始まる宗教改革。

宗教と政治、芸術が絡み合っている。


旅も終盤になり、今日はバタバタせずにゆっくり歩く。


再びジェラート食べながらプラプラし

ちょっと早めの夕飯に。


トレビの泉の近くにある、ワイン専門のレストランに行きました。


さすがにさっきジェラートを食べたばかりなので

お腹パンパン。

1474726_img

でも、めっちゃ美味しいポルチーニ!

もう体重なんて気にしてられない♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

旅日記【イタリア④】

≪ローマ編≫

1464624_img

ハードな旅日程を続行中。


今日は、早朝からユーロスターに乗り込み

最終目的地のローマまで移動です。

フィレンツェ、お名残惜しい・・・☆ヾ(TωT。)


ユーロスターでおよそ1時間半


南下するに連れ、気候がどんどん夏っぽくなる。


天気も良いので、コロッセオからスタート!

1464620_img

紀元80年頃に立てられた娯楽施設

さらに日よけの天蓋まであるんだからスゴイ。

ここで日々行われていた、血生臭い戦い。


映画「グラディエーター」を思い出し、ローマ人たちがその観戦に熱狂してたことを想像すると、ぞっとする・・・。

その一方で、血生臭さとは対照的な、澄み渡った青空がとても気持ち良く、なんだか変な気分だった。


コロッセオを出てしばらく歩くと、古代ローマの中枢

フォロ・ロマーノが現れる。

1464626_img

紀元前6世紀には建設が開始されたらしい。

「紀元前6世紀」って、日本はどんなん(o・。・o) ?
弥生時代あたり?


・・・ローマはやっぱ「大帝国」だわ・・・。


高校でやった世界史を一生懸命思い出す。

そう言えばあの頃、先生に

「世界史を勉強すれば、海外旅行の時面白いよ」って言われたや。


・・・忘れちゃイミ無いんだな、これが( ̄Θ ̄;)


神話の中のような存在だったカエサルやアウグストゥス等、歴代のローマ皇帝や元老院が、実際に政権を執っていた所。

その頃から下水道も整備され、最高会議まで行われてたんだから半端じゃない。


十分にローマ帝国の偉大さを思い知らされた後、
歩き疲れたLicca達はお昼ご飯にしました☆


今回は、トルテリーニのパスタに挑戦☆1464629_img


実は前に自分で作った時、特別美味しい訳じゃないやと思ったんだけど

それって、ただヘタなだけ・・・。

やっぱり本物はおいし~(* ̄∇ ̄*)♪


お昼の後も、大忙し。


だってローマだから

1464632_img
「真実の口」とか


1464655_img

「スペイン階段」で


オードリーのマネしないといけないし♪


♪じぇら~と♪( ̄∀ ̄*)
 
あ~、イソガシイ、イソガシイ♪


そして、トレビの泉でもコインを投げ。

1464659_img

 
  
 


しかし、ここで変な人を発見!

1464663_img

ネコババだ~Σ(゚д゚;) !

みんなが投げたコインを、ネコババしてる~っ !


コラ~っ!


取られたら、再訪できないかもしれないじゃん!


なので、もう一度後ろ向きに思いっきり投げる。


とりゃ~っヽ(`⌒´)ノ! ブンッ!


これで、もう取れないはず( ̄∀ ̄*)v


1464668_img

一通りプラプラして、今日は気になったおかずをその辺で調達し

ホテルの部屋でゆっくり食べました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

旅日記【イタリア③】

≪フィレンツェ編(続)≫

窓を開けるとドゥオーモの鐘の音が鳴り響いていた。

今日も快晴(o^v^o)

ここに来て、2人の晴れ女ぶりを発揮しまくり☆


今日は、朝からピサの斜塔へ。

1454522_img

当たり前だけど、ホントに斜め!

斜めの塔の中をらせん状に昇って行く訳だから

重力が右に行ったり左に行ったり。

始めて、地球に引っ張られてるっていう感じを体験しました。

それがまた面白くて、うひょひょ(o^∇^o)ノ


しかし、上に着いてまたもや後悔。

しかも、今日はドゥオーモの比ではナイ。

だって、手すりの柵が低いんだもん!!!

げげげ~っ!!


あまりに怖くて、足がすくんで動けません(ToT)

それなのに、てっぺんで係員のおばちゃんが

早く昇って来いって言ってる・・・。

でも、動けんものは動けんっ(-"-;)!!


泣きそうになってたら、近くにいた係員の男性が

手を引っ張ってエスコートしてくれた。
(狙ってたわけじゃないよ 笑)

冷汗ダラダラさ。

てっぺんも柵が低い上に、当然、斜めになってるから、落ちるってば~っ!

高いところ平気な人は、斜めになりながらも、手すりにそって歩いてたけど

私は、ギブアップ。。。


ガリレオがここで引力実験をしたこと自体より

こんな恐ろしい場所で実験できたことに尊敬。


1454542_img
とりあえず、地上に着いてひと安心。

お決まりのポーズで写真を一枚。

みんなピサを支えてたから、

ちょっと私は蹴倒してみた(o^-^o)


それから近くでランチ。

ピサは海が近いので、ヴェネツィアのリベンジを果たすべく

「魚介のパスタ」いっときましょ~!!


そして入ってみたお店。

とっても「アモーレ」なおじちゃんがフレンドリーな対応をしてくれた。


だが、しかし・・・。


・・・。


イタリア料理は、外れる事が殆どないって聞きました。


・・・。


しかし、ハズした・・・(; ̄Д ̄)


こ、 これは、いけてない!


せっかくの魚介パスタがーっ(ToT)!

しょっぱいし、魚介もちょびっとだし・・・。


どよよぉ~ん・・(-_-)・・・。


しかし、この経験から1つの法則を生み出したLicca。

名づけて「Lの法則 (* ̄ー ̄)v」 

そのまんまやん!


「店員が怖い所は、当たりが多く

店員がやたらフレンドリーな所は失敗しやすい。」


良いものは勧めなくても買う人がいるし、良いものを提供してる自信がある人は態度が大きい。

あの、ゴリ押しおじちゃんも、他の美味しいお店のスタッフも始めは無愛想だし怖かった。


しかし、客が入らないお店は、店員が一生懸命お店に入れようとするから、やたらフレンドリー。


もちろん、これはこんだけの経験に基づく勝手な見解だけど、私たちの旅では、この法則が意外と役に立ったりした(笑)


んでもって、フィレンツェへ戻り、

メディチ家が集めたコレクションを元にした「ウフィッツィ美術館」へ行き

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を始め、数々の名画を鑑賞。


その後、世界最古の薬局

サンタ・マリア・ノッヴェラ薬局へ

今まで知ってた薬局とは結びつかない、美術館のような厳かな空間。

1454564_img

小さい頃から、不思議と「お薬」が好きだったLiccaは、もうワクワク☆


昔の器具が周りショーケースにきれいに並んでいる。

店員さんは「Lの法則」通り、始めはめ~っちゃ怖かった。

聞いてるだけなんだから、そんなに怒んなくてもいいじゃん。って感じ。

でも、色々話してるうちに対応が柔らかくなってきて、オススメを教えてもらったりした☆


その日のディナーは、あんまり愛想の良さそうじゃなかったお店に入ってみたら

これまた、正解!

美味しいリゾットをいただけました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

旅日記【イタリア②】

≪フィレンツェ編≫

1444475_img


♪ちゃら~ちゃっちゃっちゃちゃ~らら~♪


「世界の車窓から」1444444_img_1


今日は、ヴェネツィアよりフィレンツェへ向かう、インターシティーからの風景をお届けします☆


ぷぷぷ(o^v^o)

一度やってみたかったの。コレ♪♪

ヨーロッパ鉄道旅行☆

1444440_img

ヴェネツィアはたった1泊だったけど、ステキな思い出をたくさん残し、今日はフィレンツェへ。


列車でおよそ3時間半


水辺の世界から、内陸へと入り

辿り着いた「花の都、フィレンツェ」

1454551_img


・・・。


・・・ジュンセイ・・・(*´∇`*)

~小説 『冷静と情熱の間』より~


速攻、テーマソングが

エンヤの「Wild Child」に切り変わる。


あ~、ついに来てしまった!

フィレンツェに☆


お昼頃に到着したので、まずはランチ。

1444456_img

ここでは、ポルチーニのパスタを食べました☆


むふふ(* ̄∇ ̄*)サイコー♪


その後、ミケランジェロの「ダビデ像」を拝みに(?)、アカデミア美術館へ。

若干26歳のミケランジェロが手がけた、巨大な大理石の彫刻。

この「ダビデ像」の迫力の裏に、彼の野望と闘争心と色んなものが混ざってるんだろうなぁ。


そして、いよいよ「ドゥオーモ」の「クーポラ」に昇る事に。


再び、頭の中でエンヤが流れ始める♪


階段を登りながら、本のイメージが蘇り

昇り階段でヘトヘトになってるT子ちゃんに


「ジュンセイ~!頑張れ~(o^∇^o)ノ」

(アオイ役はLiccaで、ジュンセイ役は、Liccaの100%独断でT子ちゃんにオネガイする。)


気分はノリノリ♪


・・・しかし、元気だったのはここまで。


Liccaは大切な事を忘れていた・・・。


そう・・・。

Liccaは、高い所がニガテだったんだ・・・(; ̄Д ̄)


階段登り終わって、目の前に開けた景色はすーごいっキレイ!!

1444472_img_1

しかし、めっちゃ怖い。
すまして見せてるけど、実は心臓バクバク。

さっきまで疲れてた、ジュンセイ(T子ちゃん)はすっかり元気を取り戻し、景色を満喫している♪


一方、アオイ(Licca)は、ビビリ上がって柱にぴったり。


でも、オレンジの屋根がずっと続くこの街並みは

本当に、最高に綺麗だった☆


ドゥオーモを降りて、隣のサン・ジョバンニ礼拝堂を見学し終わった時、1人旅の日本人、K君に出会った。


で、なぜか一緒にヴェッキオ橋へ行くことに。

途中、触るとフィレンツェに再訪できると言う豚の像があったので、すかさずタッチ☆


ヴェッキオ橋の上には、古い構えのお店がズラッと並んでいた。


ふと気づくと、橋の上にやたらかかってる南京錠。

1444487_img

橋の中央に像があって、それを囲むフェンスは、神社のおみくじみたいなことになってる。


後で知ったんだけど、そこに恋人同士で南京錠をかけると結ばれるっていうのがあるらしい。。。


と、言う訳で

フィレンツェへお越しの際には、①本命の彼氏(彼女)と②南京錠 をお忘れなく。


そして、そのままミケランジェロ広場まで足を伸ばし、ゆっくりフィレンツェの景色を堪能した頃

調度日も暮れて来たので、ディナータイム♪


今回は、イタリアに留学してた友達の情報を元にレストランを探して行ってみました。

さすがに、現地人の情報は違う!

雰囲気も良ければ味もいい!

リガトーニのパスタに大満足してホテルへ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

旅日記【イタリア①】

1434365_img

『アモーレ!カンターレ!マンジャーレ!』


「愛し、謳い、食べる!

時の流れをエンジョイすること、 楽しむことを、人生最高の意味と価値だとするイタリア人」


いや~!イタリアってスバラシイ(*´∇`*)!

みんながハマル理由が分かりました。


深い。。。とっても深い。

歴史と言い、芸術と言い、料理と言い。


紀元前から大帝国を築き上げた歴史を持つ国。

ルネッサンスの発祥地でもあるし、キリスト教の本山、バチカンもある。

色々ありすぎてスゴすぎる。


ヴェネツィアもフィレンツェもローマも

長い歴史の延長上にある街ということを肌で感じて

各都市、違う国を旅しているような気分になりました。


まずは、ヴェネツィアから。


≪ヴェネツィア編≫

1434347_img


深夜2時起きだったのが、悪かったか・・・。

どうしても、現実世界と結びつかない。

自分がどこに立っているのか、いまいちピンと来ない。


「水の都、ヴェネツィア」

1434391_img


街中に運河が巡らされ、何百と言う小さな橋がかかっていて

どんな細い路地を歩いていても、度々橋を渡りました。1434360_img


街並みはとても古く、

それでいてテナントのお店は

世界のトップブランドやアートなお店がずらり勢揃い。


まさに新旧の融合。


この新旧の世界が、ますます私を現実離れした世界に連れ込んでしまう。


ここで会った人たちは、田舎の人のような温かさがあり

みんなホントに「アモーレ!」状態。

誰それ構わず、とってもフレンドリー♪


街中みんな顔見知りのような感じ。


とりあえず

ナポレオンが「世界で一番美しい広場」と絶賛した
サン・マルコ広場に向かいながら街散策スタート。


1434368_img

右も左も、どこを見ても絵画のよう。


とりあえず、お腹がすいたので手っ取り早くランチ。

イタリア料理は、制覇したいものがたーくさん(o^v^o)

早速「ピッツア カプリチョーザ」を食べました。


別にどこを目的にするでもなく

ただ街を歩くのがとっても楽しい♪

天気も良いし、人気No.1というジェラートやさんでジェラートをゲット。1434385_img


濃厚でめっちゃ美味しい!

しかし、アイスの量が半端じゃない(。・ω・)!


ひと通り散策してから、ゴンドラへ乗り込みました。


このゴンドリエのおじちゃんが、まためっちゃ陽気で!1434398_img


カンツォーネを謳いながら、カッコよく船頭してくれました。

細い小運河を通ってゆっくり街の小川をゆらゆら。


ホントに「どこ?ここ?夢?」って感じ。


「この先20年はゴンドリエをやるよ♪」と、おじちゃん。

20年以内に、またおじちゃんの船に乗りに行くね~♪


ヴェネツィアは、魚介料理が有名なので

夜は、念願の「本場、魚介パスタ」を食べに。


しかし、どっかでコケルようになってるのが旅。


入ったレストラン、なんかおかしい。

ウェイターのおじちゃん、明らかに酔っ払ってる。


その上、「メニューください」って言ったら


「Maybe!」(多分)


・・・(゚∇゚ ;)エッ!?


「多分」って・・・。

持ってくるかもしれないし、持ってこないかもしれない??

なに、それ~!!


で、しばーらく待ってたら持ってきてくれた。


もちろん「魚介パスタ」を頼む♪


しかし、このおじちゃん、何か気に食わないらしい。


「美味しいものが食べたいだろ?

じゃ、いいものがある。

海のものを使った・・・(説明)」

・・・ゴリ押し(; ̄Д ̄)!


いや~、おじちゃん。それも美味しそうだけど

私「魚介パスタ」食べたいんだ(o^v^o)


すると、おじちゃんキレながら

「分かったよ、じゃ、その魚介パスタ食べな!」

と、言い放ってオーダーを取る。


お、怒ってるし・・・(゚∇゚ ;)!?なんでじゃ?


しかし、オーダー取ったにも関わらず

再び、ゴリ押しスタート!


しまいには

「ビリッ!」Σ(゚д゚;)

や、破いた~っ!!


オーダーの紙、破いてゴミ箱へ。

Liccaの念願「魚介パスタ」はあっけなく却下。


結局、彼の独断で「?パスタ」を作りに行ってしまった


・・・ボ、ボーゼンΣ(゚д゚;) ・・・。


友達と2人してあっけにとられる・・・。


そして、出てきた料理。これ。

1444420_img

しかし、これが美味しかった☆!

めっちゃ美味しい!

おいちゃん、確かに美味しいよ!


・・・。


でも、やっぱLiccaは「魚介パスタ」が・・・ヾ(TωT。)


「本場、魚介パスタの夢」 ここに散る(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »