« 世界共通 | トップページ | 学校だ! »

2006年4月 1日 (土)

ロミオとジュリエット

ロイヤルバレエの『ロミオとジュリエット』を観に行きました☆1404089_img

世界の舞台で主役を踊っていたのは

なんと日本人!


ロイヤルオペラハウスは、とても華美な内装で1404075_img


天井も高く、優雅な世界でした。


そんな優雅な会場の中、私達は・・・


└|∵|┐ 立ち見席 ┌|∵|┘


ちゃんとそういう席(?)があって、下手に安い席より立ち見の方が良く見れるらしい。

 

しかし・・・


はぁ・・・(*´∇`*)☆☆☆


やっぱり芸術の世界はスバラシイ!!


喜怒哀楽を、声の力を使わずに、音楽とバレエだけで表現する。


喜び、とまどい、悲嘆、激しい絶望・・・。


指先から髪の毛一本まで神経が通った、バレリーナ達の体の動きに表現され

さらにそこにオーケストラが加わって、ますます観客の感情を盛り立てる。


何でもすぐ世界に入ってしまう私は


もれなく


・・・ど~っぷり(*´∇`*)・・・。。


いや、すばらしい(ToT)!

ホントにスバラシイ!!


わたし、生まれ変わったら

バレリーナになる!


そうなの。

なりたいんじゃなくて、


なるの。( ̄‥ ̄)。
 
 


なんでもすぐに感情移入する私だが

こと、踊りの世界にかけては特別な思いがある。


幼稚園の頃からバレエを習いたかったのに、なぜか縁が無く

中学校の体操部でやっと踊りの世界に入った。

しかし、それも先生の転勤等で廃部になってしまい

結局、きちんとできるようになった時は、すでに大学生だった。


子供の頃やってたら、案外イヤになっていたのかもしれないけど

やれなかった分、その世界への思いは人一倍なのだ。


ところで、今回の席


実はなんと 4ポンド(約800円)

一番高い席なんて 84ポンド(約17,000円!


私みたいな貧乏学生でも、芸術鑑賞が楽しめる所は

この国にぜひ感謝したい☆


でも、やっぱり一番良い席で見たいなぁ・・・。
(ムリだけどさぁ、今は。。。)


どの席も見えないことは無いけれど、
やっぱり受ける感動の大きさが違う。


だから私は大体

とりあえず、見ておく「一番安い席」

  か

世界にはまり込む「一番高い席」

の、どちらかを選ぶ事が多い。


スーパーに行って


30p(60円) のパンと

40p(80円) のパンのどっちを買うか


その差20円! 


の、ちびーっこい所で、ず~っと悩んでも


最高の席で見れるなら、


1万7千円 バイバーイ♪ヽ(^-^ )


って思えるの。


踊りの世界は別なのだ。


私の世界では、そうなのだ。

|

« 世界共通 | トップページ | 学校だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32126/1260963

この記事へのトラックバック一覧です: ロミオとジュリエット:

« 世界共通 | トップページ | 学校だ! »